日本語教育

  1. NAFL日本語教師養成プログラム

    日本語教師を目指して通信講座で学び、検定試験に合格した人の「勝ちパターン」<前編>

    日本語教師になるために合格しておきたい日本語教育能力検定試験は、合格率3割を切る難関。試験は毎年10月末、年に一度しかないため、万全に対策して確実に合格をつかみ取りたいものです。アルクの通信講座を受講し、検定試験に合格した方へのアンケート結…

  2. NAFL

    出産前の時間を有効に使って勉強に集中。テキストと用語集をフル活用し、見事1回で合格!

    韓国で日本語教師として働く夢を持ち、検定試験合格を目指した千嶋成美さん(看護師) に、講座の魅力や学…

  3. NAFL

    高校での日本語支援を機に検定受験を決意。将来は介護の日本語も教えてみたい

    必ず日本語教育能力検定試験に合格する!という目標を持ち、結果を出したNAさん (フリーランス) 。学…

  4. NAFL

    日本語ボランティアを機に検定試験にチャレンジ。将来は海外の日本語学校でも教えてみたいですね

    地域に貢献したいと考え、日本語を教えるボランティアを始めたKAさん (日本語教師) に、学習法や検定…

  5. 木森隆さん

    NAFLで体系的に学んで、初受験で合格。日本語教師として共生社会に貢献したい

    初めての挑戦で見事、日本語教育能力検定試験に合格した木森 隆さん (フリーランス日本語教師) に、試…

  6. 外国籍社員が生き生き働くための日本語教育

    外国籍社員への研修ニーズに応えるアルクの日本語事業──「ヒューマンキャピタル2019」ブース&セミナーレポ

  7. 交流会では、留学生と小学生が各国に伝わる遊びを楽しんだ

    大学に求められる地域貢献――特色を生かした語学教育支援に取り組む明海大学

PAGE TOP