コミュニケーション

  1. オックスコンサルティングの高橋佑輔さん、福岡拓実さん

    新規参入が相次ぐ宿泊ビジネス最新動向――増え続ける訪日外国人を迎える中で

    日本を訪れる外国人の数(訪日外客数)が毎年増え続ける中、インバウンドビジネスの状況はどうなっているのでしょうか。新法が6月に施行される民泊の最新動向を中心に外国人向けの宿泊施設やサービスについて、民泊関連情報サイト「MINPAKU.Biz」…

  2. 訪日外国人への接客で行っていること1位は

    訪日外国人への接客で行っていること1位は、「カタコト英語」と「ジェスチャー」でのコミュニケーション ― IIBC調べ

    日本政府観光局(JNTO)によると、2017年の訪日外国人は前年比19.3%増の2,869万人(推計…

  3. 地理学者の宮口侗廸(みやぐちとしみち)さん

    地方都市のインバウンド対応にいかす、地理学者の視点

    地理学者の宮口侗廸(みやぐちとしみち)さん。専門は社会地理学・地域活性化論。日本と、ヨーロッパの都市…

  4. 交流会では、留学生と小学生が各国に伝わる遊びを楽しんだ

    大学に求められる地域貢献――特色を生かした語学教育支援に取り組む明海大学

    近年、日本の大学も海外と同じように社会貢献活動を求められるようになってきました。小学生と留学生が英語…

  5. エリン・メイヤーさん

    文化の違いを越えてグローバルビジネスを成功させるには?<後編>

    異文化理解を助ける「カルチャーマップ」開発者に聞くビジネスコミュニケーションにおける文化の違いを…

  6. 鎌倉男子

    外国人に観光案内する男子中高生の挑戦【活動実践記・最終回】

  7. エリン・メイヤーさん

    文化の違いを越えてグローバルビジネスを成功させるには?<前編>

  8. 2つの冊子

    旅行者と受け入れ側、双方の理解を促す、港区流インバウンド事例紹介

  9. ESS(English Speaking Society)同好会の活動

    友達を案内する気持ちで、男子中高生が外国人観光客に鎌倉をガイド【活動実践記】

  10. ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たち

    ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ、 そして、村上春樹。本棚の宝物になる1冊

PAGE TOP