コミュニケーション

  1. 手塚良則氏

    すしを通して、日本の魅力を伝えたい<第1回> ―― 多様な文化に触れてきたすし職人が、外国人に伝えたいこと 

    東京・大森海岸に100年以上続く老舗のすし店「松乃鮨」。その4代目となる手塚良則さんは、4年間の海外勤務の経験を生かして、すしの魅力を海外の人に伝えることを積極的に行っています。2回に渡ってお届けする本インタビュー、第1回は、外国人をすし店…

  2. 外国人観光客は、こんなことに困っています――旅行者フレンドリーな環境を

    東京メトロ浅草駅構内で、通訳や駅周辺の道案内、乗り継ぎ案内を行うボランティア団体「ハートフルジャパン…

  3. FUERZA BRUTA WA!

    人気の体験型エンターテインメント・プロデューサーに聞く 外国人客が喜ぶサービスの作り方

    南米アルゼンチン発、世界30カ国・地域で500万人以上を動員した360度体験型エンターテインメントシ…

  4. 映画『男はつらいよ』でおなじみの帝釈天題経寺と参道

    葛飾区には、外国人観光客が注目する観光資源がどっさり

    訪日外国人の受け入れ対策や、地域活性化の取り組みについて、東京23区の担当者にお聞きする「東京23区…

  5. 加賀屋若女将 小田絵里香さん

    100年の歴史を誇る老舗旅館「加賀屋」の若女将が語る、インバウンドのおもてなし

    年々、在住・訪日外国人数が増える状況において、日本の地方都市も旅行先としてさらに注目を集めています。…

  6. 上智大学 藤田 保先生

    CLIL(クリル)って何? 上智大学の藤田 保先生に聞きました

  7. ザ・リッツ・カールトン東京 宿泊部 エクゼクティブ クラブラウンジ マネージャー 香取良和さん

    海外からのお客さまが増える今、ザ・リッツ・カールトン東京が大切にするおもてなし

  8. オックスコンサルティングの高橋佑輔さん、福岡拓実さん

    新規参入が相次ぐ宿泊ビジネス最新動向――増え続ける訪日外国人を迎える中で

  9. 訪日外国人への接客で行っていること1位は

    訪日外国人への接客で行っていること1位は、「カタコト英語」と「ジェスチャー」でのコミュニケーション ― IIBC調べ

  10. 地理学者の宮口侗廸(みやぐちとしみち)さん

    地方都市のインバウンド対応にいかす、地理学者の視点

PAGE TOP