アルク総研

  1. アルク総研

    高校生275人を3年間追跡調査して分かった、英語スピーキング力向上の秘訣

    アルク教育総合研究所(アルク総研)が、2018年7月に発表した「日本の高校生の英語スピーキング能力実態調査」レポート。高校生275人を3年間かけて追ったこの調査からは、彼らの学習実態やスピーキング力の変化など、さまざまなことが見えてきました…

  2. 英語スピーキング力向上に影響する学習時間、学習内容とは──275人の高校生を3年間追跡調査

    アルク教育総合研究所は、「英語スピーキング力が伸びる学習」についての調査レポートを2018年7月31…

  3. 4技能英語資格試験のこれからを考える講演会、神戸学院大学にて開催

    2020年度に始まる大学入試改革により、民間の4技能英語資格試験が入試に活用されることになりました。…

  4. 中学英語の定着

    中学英語定着のためにできること

    データが明かす高校英語授業の最優先課題(4)大学入試における中学英語の「定着」の重要性に関する調…

  5. 平野琢也所長

    これからの英語教育を考えるーー「アルク教育ソリューションEXPO」開催

    民間の英語4技能テストを大学入試に導入、グローバル人材育成、eラーニングの有効活用など、語学教育や人…

  6. 中学英語の定着

    中学英語「定着」の現状――英語の定着は、時間のかかるプロセス

  7. 中学英語の定着

    「中学英語」で大学入試は乗り切れる?――高校英語授業の目指すべき形

  8. 中学英語の定着

    中学英語の定着が、大学入試の結果を左右する!?――高校英語授業の目指すべき形

  9. 事業運営本部 プログラムトレーナー 北島典子(左)アルク教育総合研究所 平野琢也所長(右)

    TOEIC高スコアなのに英語が話せない? TOEICとスピーキングのギャップを埋める方法はコレ!

  10. アルクEDIX

    英語学習への動機付けと、4技能評価対応に高い関心 関西初のEDIX、盛況のうちに閉幕【アルクニュース】

PAGE TOP