英語教師にも日本語の知識は必須です ~『なぜ、英語では「虹は出ない」のか?』著者 松本隆先生インタビュー【前編】

30年前、英語教師から日本語教師に転身した松本隆先生が、日本語から学ぶ英文法の本(『なぜ、英語では「虹は出ない」のか?―日本語と英語の対比から読み解く英文法』)を上梓しました。日本語と英語の違い、英語教師が日本語を学び直す意義などについて、ユーモアたっぷりにお話ししてくれました。

松本 隆(まつもと・たかし)
高校の英語教師などを経て、アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターで30年間にわたり日本語教育に従事。現在は清泉女子大学などで日本語教師養成にたずさわる。日本人向けの読み物に『韓国語から見えてくる日本語:韓流日本語鍛錬法』(スリーエーネットワーク)、『日本語教師必携ハート&テクニック』(アルク)、『この言葉、外国人にどう説明する?』(アスク出版)など。また外国人向けの学習書に『合格できる日本語能力試験N4・N5』(アルク)、『わかる!話せる! 日本語会話基本文型88』(Jリサーチ出版)などがある。最新刊は、『なぜ、英語では「虹は出ない」のか?―日本語と英語の対比から読み解く英文法』(アルク)。

日本語教師になってわかった日本語「ネイティブ」の自分

ーー まず、松本先生のプロフィールを教えてください。

松本 大学の英文科を出てすぐ高校の英語教師になりましたが、英語についても、教え方についても、未熟さを自覚する毎日でした。実力がないぶん、伸びしろだけはあると思い、機会あるごとに英語教員向けの各種研修会に参加しました。いろいろ学んでいくうち自分の無知ぶりをますます痛感し、思い切って高校をやめ大学院(英語学)に進みました。夜は英会話学校でアルバイトをして食いつなぎました。英語を教える仕事ではなく、日本語教師養成講座の雑用係でした。

ーー 日本語の先生になる前は英語の先生だったのですね。なぜ日本語教師になろうと思ったんですか。

松本 ある日本語学校の先生が1週間ほど夏休みをとる間、人手が足りなくなるということで、急遽わたしに声がかかりました。これがお金をもらって日本語を教えた初めての体験です。それまでに日本語教育についても多少は勉強し、教育実習なども経験していましたので、不慣れで下手ながらも代講のお役目はなんとか果たせました(と思います)。この夏の経験が人生の転機となり、英語教育から日本語教育へと目の向く先が変わっていきました。

ーー 英語教師の視点から、日本語教育について考えることはありましたか。

松本 前の質問への回答の補足になりますが、英語教師から日本語教師に転職した本音として、結局自分には英語がよくわからない、英語はどこまでいっても外国語だ、という引け目がありました(今もあります)。例えば、just in timeのinはonでもいいのか、というような質問を受けた場合、母語であれば無意識に働く直感が、外国語では機能しにくいことがよくあります。外国語だと例文もなかなか自由に作れませんね。日本語はその点、自由自在に使いこなせます。

例えば、お医者さんに触診されて、「痛かったら言ってくださいね、ここ痛いですか」「いえ、そこ痛くありません」という具合に、「は」と「が」を自然に使い分けられます。決して「そこ痛くありません」と間違えたりしません。ところが外国人日本語学習者にとって「は」と「が」の使い分けは難点で、上級者でもしばしば取り違えます。

英語は意図的に身につけようと努力してもなかなか身につかないのに、日本語は無意識のうちに身についている。母語の能力というのは不思議なものだなぁ、英語ネイティブの感覚に少しでも近づけたらいいのになぁ、とつくづく思います。

中学教科書は最高の英語教材

ーー そういった課題を念頭に本書は生まれているんですね。本書の特色は何ですか。

松本 ネイティブの文法感覚というのは、文法書に詳述されている説明的な規則の羅列でなく、もっと直感的な瞬時に目に浮かぶイメージのようなものではないかと思います。日本語(国語)でも英語でも、文法嫌いの生徒・学生や一般成人が多いようですが、それは文法の解説が理屈っぽいせいでしょう。文法用語もわかりにくいものが多いでしょ。言葉を言葉で説明しようとすると、どうしてもクドくなりがちです。丁寧に説明しようとすればするほど、クドさの泥沼にハマっていくんですね。そういう罠に陥らないように、本書では視覚的なイメージを比喩に用いて日英両語を比較するよう心がけました。

ーー 中学の英語教科書の英文を使用したのはなぜですか。

松本 視覚的なイメージで英語の使い分けを、ひと目見てわかるように示すという点で、中学英語の教科書は実に巧みですね。先ほどのinとonの中核をなす概念にしても、抽象的なイラストを用いて、inは「中」に「入」っているイメージとして、いっぽうonは「接」して密着するイメージとして描き分けたりしています。文法の可視化を積極的に導入しているわけです。こういう図解は言葉よりも饒舌に、inとonを使い分ける基本を語ってくれます。一般読者向けの文法解説書などにも、この手の図解は載っていますが、中学教科書のイラストはカラフルで視覚に訴えます。

just in timeはぎりぎり電車に間に合った、かろうじて車「内」に「入」れたという否定的なニュアンス、just on timeは時間ぴったり、時刻表どおりの運行という肯定的なニュアンスを含むと、ある米国人日本語学習者が何かの折りに教えてくれました。

中学校で学んだ(はずの)知識がしっかり身についてさえいれば広範囲に応用が効きます。あやふやなままだと、応用しようにも、基本が出来ていないのでは、どうしようもありません。英語の基本はすべて中学の教科書に載っている、と断言しても教科書の褒めすぎにはなりません。

段階を踏んで、英語を基礎から網羅的におさらいしたい人には、中学の教科書がもってこいです。ただ、一般成人にとっての難点を1つだけ挙げるとすれば、主要な登場人物がみんな中学生だということくらいでしょうか。しかも良い子ばかりです。悪役がいないのがストーリーとして盛り上がりに欠けるところです。そこさえ我慢すれば、これ以上の教材はありません。

本書の役目は、英語のツボを紹介することで、基礎文法すべてを網羅的に扱っているわけではありませんが、中学英語の総合的な「教科書ガイド」として読んでいただけたらと願っています。

英語より「自分語り」な日本語

ーー 執筆時に苦労されたこと、エピソードなどあれば教えてください。

松本 苦労したことですか。んー、そうですねぇ…。ええと、ないかな(笑)。あったかもしれませんけど、思い出せません。この本は出来上がるまでに、全体を4回ほど書き直して、やっと仕上げました。大変でしたねって同情してくれる人がいるんですけど、わたしにとって書き直しはちっとも苦でなく、むしろ楽しい作業でした。ある程度、原稿がまとまると編集の方々に見てもらうわけです。書いている本人の気づかない問題点をいろいろご指摘いただきました。ダメ出しですね。普通の人は書き直しを嫌がるでしょ。口に出さなくても、面倒で嫌だなって内心思いますよね。でも、モノは考え様です。やり直しは罰ではなく、努力の成果がご褒美として本人に戻ってくるんです。結局この本も書き直すチャンスと時間をもらったお陰で、最初の原稿よりずっと読みやすくなりました。

それから、書名も二転三転して、いろいろな案が浮かんではボツになって消えていきました。もともとは、英語嫌い克服本とか、英語が苦手な人の学び直し本といった類の書籍をイメージして書き始めました。紆余曲折を経ましたが、英語のネイティブ感覚を基本からしっかり学び直そう、という理念は当初から一貫しています。英語学習再出発のススメ、それがこの本です。やり直しを苦にせず、英語と日本語を学ぶ楽しさを発見するヒント集です。

ーー 本書を執筆して改めて感じた「日本語の特徴」「英語の特徴」は何ですか。

松本 この本を書き、編集の方々と話し合うなかで、日本語は意外と「自己チュー」だなという認識が強まりました。自己中心的なのは英語のほうじゃない? と思われるかもしれませんが、その逆ですね。

例えばgiveっていう動詞、普通「あげる」って訳されますけど、日本語の「あげる」は自分には「あげる」ことができないんです。そんなこと当たり前だろって言われそうですが、英語ではGive me a chance.とか言えるわけです。日本語だと「チャンスをください/くれ」になりますね。「あげる」でなく「くれる」になる。「チャンスをあげろ/やれ」だとGive him/her/them a chance.の意味に変わってしまいます。つまりgiveは「あげる」でもあり「くれる」でもあって、誰から誰に対しても公平に使えます。いっぽう日本語の「あげる」は自分に対しては使えない、また「くれる」は自分(かその仲間)にしか使えない、という面倒な使い分けの規則があるんですけど、普段ほとんど意識せずに使っていますよね。ですから「くれる」とgiveが対応していると聞くと一瞬、戸惑いを覚える人も少なくないと思います。いずれにしても「くれる」は自分を特別扱いする語の代表例で、この類の自己中心的な表現が日本語には結構多いんです。

(後編へ続く)

取材・文:アルク 第1編集部

関連記事

  1. コイノニア 英語教師 Naoのケニア授業日誌: 第1回 僕がケニアに行くこと…
  2. 企業の海外研修プログラム、成功のヒント 企業の海外研修プログラム、成功のヒント【第1回:トレンド・基礎知…
  3. コイノニア 英語教師 Naoのケニア授業日誌: 第4回「伝えたい」という気持…
  4. 英語力を武器に活躍するビジネスパーソンが答えた、効果的な英語力の…
  5. イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced スマホ学習でリスニング&スピーキング力アップ。英語が話…
  6. Develop your professional skills 【英語の先生向け】各国の英語教師が集まる、夏休み海外研修
  7. TOEIC S&W TOEIC(R) S&W Tests、2018年度の受…
  8. インバウンド 日本の地方は宝の山: 通訳の現場に見る、インバウンドの今
PAGE TOP