英語教師にも日本語の知識は必須です ~『なぜ、英語では「虹は出ない」のか?』著者 松本隆先生インタビュー【後編】

30年前、英語教師から日本語教師に転身した松本隆先生が、日本語から学ぶ英文法の本(『なぜ、英語では「虹は出ない」のか?―日本語と英語の対比から読み解く英文法』)を上梓しました。日本語と英語の違い、英語教師が日本語を学び直す意義などについて、ユーモアたっぷりにお話ししてくれました。
(前編はこちら)

松本 隆(まつもと・たかし)
高校の英語教師などを経て、アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターで30年間にわたり日本語教育に従事。現在は清泉女子大学などで日本語教師養成にたずさわる。日本人向けの読み物に『韓国語から見えてくる日本語:韓流日本語鍛錬法』(スリーエーネットワーク)、『日本語教師必携ハート&テクニック』(アルク)、『この言葉、外国人にどう説明する?』(アスク出版)など。また外国人向けの学習書に『合格できる日本語能力試験N4・N5』(アルク)、『わかる!話せる! 日本語会話基本文型88』(Jリサーチ出版)などがある。最新刊は、『なぜ、英語では「虹は出ない」のか?―日本語と英語の対比から読み解く英文法』(アルク)。

「母語だからわかる」の幻想を捨てよう

ーー 英語教師が日本語を学び直す意味は何ですか。

松本 英語は外国語ですから当然わからないことも多い。でも、日本語は母語だからすべてわかる…というのは幻想です。実は日本語もよくわかっていないんです。前編に登場した「は」と「が」のような大問題でなくても、わからないことって身近に結構たくさんあって、例えば「ええと」と「あのう」はどう違いますかって外国人に聞かれたら、ちょっと戸惑うでしょ。

つまり、わたしたちは日本語を知っているつもりになっていますけど、実はよくわからずに使っているんです。これが母語の不思議なところです。よく知らないくせに、できてしまうものですから、日本語を見直す必要性がなかなか自覚できません。でも、そういう母語に対する鈍感さが、外国語を学ぶとき、落とし穴になりかねないのです。

例えば、にわか雨が降ってきて「傘がない」場合、中学2年生くらいになればI don’t have an umbrella.とかI have no umbrella.と言えるはずですね。また2人以上ならWe don’t have any umbrellas.とかWe have no umbrellas.になりますが、日本語では1人でも2人以上でも同じ「傘がない」が共通して使えます。つまり、日本語は話し手が文面に出しゃばらない表現を好みますが、英語では話し手のIやweが堂々と文頭に顔を出すわけです。また、日本語は数に無頓着ですが、英語は単複にこだわる点も特徴的です。

普通の日本人は、日本語を介して英文を考えます。その日本語に拘束されて、うまく英文が組み立てられない事態がしばしば生じます。誰でも母語の発想に縛られがちですので、母語に足を引っ張られることなく、思考の道具として巧みに操りながら、英語の学習指導が進められるよう、日ごろ無意識に使っている日本語を反省してみるのも意味のあることです。

ーー 今、英語教師になったらどのように英語を教えますか。

松本 今の話にからめて言いますと、We have no umbrellas.という英文は、日本語から見ると不思議に満ちていますから、授業の導入部で、本題へのイントロに使えるんじゃないでしょうか。まず、英文では主語が必須なので、この場合weがないことには文が始められません。不思議というより、英語の不便な面ですね。また、この文でいちばん不可解なのはno umbrellasの「~s」です。傘がないのに、どうして複数形になるんだ…。ないものは、ないんだから数えられないだろ! って話ですよ。

まぁ、英語の数量感覚としては、1人ならI have an umbrella.で傘1本、2人ならWe have two umbrellas.で1人1本ずつ、2人とも傘がなければWe have no umbrellas.で複数形のまま、という理屈はわかります。理解はできますけど、もうひとつ納得がいきません。それからhaveも、「私達はない傘を所有する」のですから、言ってることの自己矛盾ぶりが半端じゃありません。このようにWe have no umbrellas.の1文だけでも、いろいろ遊べます。冷めた目で英文を観察すると、不思議なことが発見できて楽しめるんじゃないですかね。ちょっとした遊び心をもって英語を語「楽」として指導する心のゆとりがあってもいいように思います。

ーー 実際の教え方で試してみたいことはありますか。

試してみたいのは「素読」による暗唱の効果です。「読書百遍、意自ずから通ず」とかって昔から言いますよね。本当かなって思うんですけど、その効果は歴史が実証したことになっています。幕末から明治にかけて、日本が欧米の近代思想をいち早く取り入れられた要因として、当時のエリートたちの高い漢語力がしばしば指摘されます。かれらは幼少時から漢文の素読で鍛えられていましたから、その教養を生かし和製漢語を自在に生み出すことで、欧米の思想や技術を日本語に翻訳し定着させることに成功しました。

言語学習は、頭で理解するだけでは不十分で、身体が即応できないことには、実用に耐えません。その場に臨んで瞬時に身体が反応する、つまり言葉が口をついて出てくるまで習熟することが大切なわけです。スポーツや楽器の演奏と同じく、身体が思い通りに動くには、どうしても反復練習が欠かせません。とはいえ同じ文をただ「百遍」も繰り返す単調さに耐えられる人はそう多くありません。手を変え品を変え、頭も働かせながら、目標とする文を繰り返す工夫が求められます。明治ならぬ令和の今日、コンピューターに次のような現代風「素読」プログラムを組み込んで、生徒諸君に自主トレを促すというのはどうでしょう?

具体例としてI saw a rainbow in the sky.を反復練習する方法を考えてみましょう。まず第1段階は、この文の主題であるrainbowを中心に、文を前後に広げていきます。rainbow→a rainbow→I saw a rainbow.→I saw a rainbow in the sky.という具合です。いわゆる拡張練習ですね。モデル音声の後に続いて復唱していきます。第2段階は空所補充練習です。コンピューター画面「I ___ _ rainbow __ ___ sky.」を見て穴埋めしながら目標文を発話したのち、モデル音声と画面で正答を確認します。第3段階は文完成練習です。「I saw a rainbow ___________.」は後半を補い、「_______________ in the sky.」は前半を補って、文全体を発話する練習です。いずれも自分で声に出して言った後で、モデル音声と画面で完成文を確認し、その発音どおり忠実にまねて言ってみます。

これは一例にすぎませんが、やっていることは「読書百遍」の「素読」と同じことで、ひたすらI saw a rainbow in the sky.を声に出して繰り返すだけです。暗唱するための繰り返し練習です。応用練習や場面を想定しての発展会話などは次の段階です。まずは基本となる典型的な用例を、身体に覚えさせるのです。モデル音声を徹底的に模倣して、英語らしい韻律の感覚も身体に叩き込みます。

学習指導計画全体の中に、応用のきく暗唱活動、発展性のある丸暗記を積極的に組み込んで、外国語を身体感覚に沁み込ませる、そんな教え方ができたらいいなぁと思いますね。

ネタ本としての『なぜ、英語では「虹は出ない」のか?』

ーー 英語教師には本書をどのように活用してほしいですか。

松本 授業のネタ本としてご利用いただけるんじゃないでしょうか。この本は、どちらかというと英語に苦手意識を感じている方を主要な読者層に想定して書き始めましたが、書いているうちに、英語の先生方にも役立つ内容になっているんじゃないかと思うようになりました。もちろん先生方は専門家だから、この本で英語を学び直す必要なんてないんですけど、英語から見た日本語とか、日本語から見た英語など、いつもと違う観点から言語を捉え直すのは、それ自体が知的に興味深いし、また英語を教える上でのヒントも得られます。

例えば先ほどのI saw a rainbow in the sky.は「わたしは空に虹を見た」と直訳できます。英文和訳テストの解答欄に、こう書いてあったらバツにはできませんけど、日本人でそんなふうに言う人いませんよね。ですから日本語の発想からするとI saw a rainbow in the sky.は、ものすごく変な表現なんです。けれども、英語ではこれが自然な言い方になるわけです。なんで英語では、こんな言い方をするんだろう、などと発問を投げかけながら、生徒の興味を引き出し、日本語らしさ英語らしさなどにも触れて好奇心をかきたててから、じゃ「読書百遍」ドリルでこの英語表現を百パーセント自分のものにしよう、という方向に持っていきます。動機づけがしっかりしていれば「素読」にも前向きに取り組めます。

先生方には、ぜひ気楽に本書を手に取って、授業の小ネタでも拾っていただければ幸いです。

ーー ありがとうございました。

松本 こちらこそ、どうもありがとうございました。

取材・文:アルク 第1編集部

関連記事

  1. TSST 社員の英語スピーキング力を正確に”見える化”するテスト、無料体験…
  2. フィリピン語学研修 企業の海外研修プログラム、成功のヒント【第2回:フィリピン留学編…
  3. 医学を英語で留学生と共に学ぶ 「医学を英語で留学生と共に学ぶ」医学部の挑戦
  4. トビタテ!留学JAPAN 留学をその先の未来へ――ニュージーランドへ留学した高校生の体験を…
  5. アルク留学センター 留学をその先の未来へ――3つの短期留学プログラムに挑戦した高校生…
  6. 羽田エアポートエンタープライズ 羽田エアポートエンタープライズが全スタッフに実施する英会話研修【…
  7. ICTを利用した継続学習を促す教材とは【アルク語学教育研究支援制…
  8. 中学校の英語も「実際のコミュニケーションにおいて 活用できる技能…
PAGE TOP