学習意欲を継続・伸長させることを視野に入れたインタラクション活動について【アルク語学教育研究支援制度 審査員対談(3)】

「アルク語学教育研究支援制度」は、2019年に始まりました。今年度は、新型コロナウイルス感染症のため研究企画の募集を中止しました。その代わりに、今後の研究へのヒントをいただけたらと考え、この研究支援制度で審査委員をお願いしている先生方に「公開対談」をお願いすることになりました。

「アルク語学教育研究支援制度」の基本テーマは【継続学習を促す学習デザインの探求】です。支援分野は「ICT部門」「評価手法と評価結果の活用部門」「インタラクション部門」の3つに分かれています。

審査に関しては、東京外国語大学の根岸雅史教授に委員長をお願いしました。そのほかに6人の審査委員がいらっしゃいます。この対談シリーズでは、根岸先生に進行役をお願いして、3つの研究支援部門ごとに対談を行いました。対談では、コロナ禍の現在、それぞれの高校・大学がどのように対処しているか、支援分野の今後の研究に関して期待すること等について話し合っていただきました。以下は【学習意欲を継続・伸長させることを視野に入れたインタラクション活動について】をテーマとした対談第3回目の報告です。

(写真:Web対談の画面より。左から、根岸先生、片桐先生、松村先生)

 


■進行役
・根岸雅史・東京外国語大学大学院教授

■対談者
・片桐徳昭・北海道教育大学教授
・松村昌紀・名城大学教授


 

コロナ禍をオンデマンド授業で乗り切った大学も

根岸雅史先生: 東京外国語大学では3月からオンライン授業を導入し、夏休み以降は大学のウェブサイトに「秋学期、東京外大の歩き方」というページを設けました。学生が自分のPCを使ってZoomの授業に参加できるよう、キャンパス内に専用の部屋を確保し、その場所をネットで確認できるようにしたのです。先生方の大学のコロナ対応は、どんな状況ですか。

片桐徳昭先生: 私のところは教育大学で、年間5回ほどある教育実習が、5月以降すべて延期か縮小されました。とにかく実習に振り回された感があります。オンライン授業のために、学内のWi-Fi環境を整備しましたが、後期に入ってからは、100名以上の大型授業を除き、対面授業がすでに再開しています。

松村昌紀先生: 名城大学は、全面リモート環境で前期をスタートしました。ただ、大学のインフラ事情や、学生側の機器や接続環境の問題から、ライブ形式のオンライン授業は実質的にほぼ禁止。すべて、LMS(Learning Management System)を使ったオンデマンド形式の授業でした。私が所属する理工学部では、6月から物理や化学の実験系の授業で対面授業が再開し、後期からは英語も対面授業に戻りました。

授業形態が変わっても、変わらぬ教師の役割とは

根岸先生: 後期最初の私のゼミの授業は、オンラインとはいえ久しぶりに集まったので、みんな嬉しくなって雑談に花が咲きました。学生たちも対話を求めていたのでしょう。こうした経験を経て、教師の役割というのは変わっていくのでしょうか。

松村先生: こういう状況だから教師の役割も変わって然るべきというのは、一種のバイアスではないでしょうか。教師として大事なことは、対面でもオンラインでも、基本的には変わらないと思います。その前提のうえで、今回自分なりに工夫した例として、オンデマンド授業で課題を出す際に、できるだけ丁寧に説明を書くようにしました。文章を読んだ学生が、要点を確実に理解できるようにするためです。ルールをしっかり伝えると、みんなそのとおり、きちんとやってきてくれます。オンライン授業には、「学習」と「学習のやり方」の両方について、教師が学生を信頼して委ねるべき側面があり、学生もそれに応えてくれるという印象を持ちました。

片桐先生: 「コロナを機に教師が変わるというのはバイアスでは」という松村先生のご意見には、僕も同感です。学生をしっかり見て、心が通う授業を行うことは、授業形態を問わず教師に求められるヒューマン・インタラクションの基本です。提出された課題に教師がフィードバックをすると学生が喜ぶのは、オンライン授業でも先生がちゃんと自分のことを見ていてくれると、実感できるからでしょう。
僕が担当する英語のZoom授業では、できるだけ3~4人程度で、ブレイクアウト・セッションを行います。スピーチやプレゼンテーションをやらせる場合は、まずミュート状態で練習し、時間が来たら録音して、音声ファイルを提出させるのですが、SNS世代の学生はこういう課題を喜んでやりますよ。これもインタラクションの一環だと思います。

オンライン授業におけるインタラクションの工夫

根岸先生: 対面授業とオンライン授業において、学生のやる気につながるインタラクションの留意点を、どうお考えになりますか。

松村先生: 私の場合、オンデマンド授業におけるインタラクションの範囲を拡大して、Googleのスプレッドシートを使って学生同士が「対話」できるようにしました。テーマに沿って英語で文章を書き、それをクラスでシェアして、意見やコメントを伝え合うのです。スプレッドシート上で展開する、インタラクティブなやり取りになります。

Web対談の画面より。松村先生は、スプレッドシート上で学生同士の「対話」を実現

根岸先生: インタラクションというと、つい口頭のインタラクションを想定しがちですが、実際には、記述式で行う工夫もできるわけですね。

片桐先生: 前期のオンライン授業と、今回再開された対面授業の感想を、2年生の英語専攻の学生たちに聞いたところ、対面授業のほうがよかったという意見が大多数でした。インタラクションに関連した感想としては、「授業に集中できた」「先生に質問しやすかった」「コミュニケーションが取りやすかった」「先生や友達の表情がよくわかり、授業が楽しかった」「直接顔を合わせて一緒に盛り上がれた」といった声が聞かれました。ZoomはPCを介してのインタラクションなので、クラスとしての共有感はやや希薄に感じるのでしょう。

Web対談の画面より。片桐先生が授業の形式に関する学生の声を紹介

インタラクション活動をめぐり注目される研究テーマ

根岸先生: 「アルク語学教育研究支援制度」のC部門(学習意欲を継続・伸長させることを視野に入れたインタラクション活動の提案およびその効果検証)については、どのような研究テーマに期待されますか。あるいは今後、どんな研究分野に社会的な要望が高まるでしょうか。

片桐先生: 僕は所属が教育大学ですので、教育実習の様子を見ていてよく思います。教員志望の本学の学生も、教わる側の児童生徒も、教科書に出てくる英語の語いやフレーズを、実生活のコミュニケーションの中で使えるようになるには、どうすればいいかという思いがある。今は小学校の授業の段階から、インタラクションが取り入れられています。それをベースに、授業のコンテンツに絡めながら、実質的で本質的なコミュニケーションを教える研究などは、見てみたいですね。

松村先生: 研究テーマを考える時は、文部科学省の学習指導要領を相手にしないでください。学習指導要領がこう変わったから、それに対応してどうするかではなく、むしろ学習指導要領に対する批判的な視点をもって発想してほしい。「自分が本当に大切だと思うこと」を研究してください。
言語は単純にリニアに発達していくものではないので、学習者の適性、個人差要因、状況要因など、横から入り込んでくるファクターを無視せず、研究に臨んでもらいたいと思います。リモート環境におけるチャット形式でのやり取りに関する、言語学習上の意味を探る研究なども、おもしろいテーマになると思います。


 

【Q&Aセッション】

 

Q. オンラインでのインタラクションにおけるコミュニケーションは、質的に本来のものとは違う面があると思います。学生がこれに慣れてしまう弊害はありませんか

根岸先生: 対面授業では、「今の話についてですけど」などと、自然な形でインタラクションがとれますが、オンラインの場合、turn-taking(話者交替)がぎごちなくなりがちで、その点は教員が配慮する必要があります。一方、対面授業では、質問があっても学生はなかなか手を挙げませんが、チャットで質問を受け付けると、大教室の授業などでもけっこう質問が飛び出してきますから、オンラインでのインタラクションのメリットもあると思います。

松村先生: 私がスプレッドシート上で学生たちにやりとりさせたのは、オンデマンド型の授業しかできない状況で、限られた条件で何とか対応するための工夫でした。これさえやっていればいいということは決してありません。もしZoomなどが使えるのであれば、テキストチャットを使って、実際のコミュニケーションに近づけることはできると思います。

Q. 大学の枠を超えたオンライン授業や、遠隔授業の実践はありますか。特に学生の言語活動を促進するような取り組みがあれば教えてください

片桐先生: 対面での教育実習ができなかったため、附属校との間での実習をすべてZoomを使ったオンラインで組みました。広い意味では、大学の枠を超えた例といえるかもしれません。海外の大学では、語学の授業にカンバセーション・パートナーなどを取り入れるといった事例も、あるのではないかと思います。

根岸先生: 東京外語大でも、台湾の学生とうちの学生が、オンラインでそれぞれの言語を教え合うといった取り組みをやっています。時差がある地域との間では難しいと思いますが。

Q. 学習指導要領に対する『批判的な視点』の具体例を教えてください

松村先生: たとえば、今の指導要領で設定されている観点別の評価は、本当にそれでよいのか、もっと別の評価方法はないのか。最近よくいわれる「主体的な学び」は、学習指導要領がいう意味でしか成立しないものなのか。言語材料を用いて言語活動を行う、知識を身につけてからそれを活用する、という学習スタイルは、英語習得にとって本当に最善の方法なのか。要は、学習指導要領をそのまま鵜呑みにせず、むしろ批判的に考えてみると、枠にとらわれない発想ができると思います。

 

【用語解説】

・LMS
Learning Management System. e-learningの運用において、教材の配信、成績、学習ペースなどを統合的に管理する「学習管理システム」の総称。

・Zoom
Zoomビデオコミュニケーションズが提供するWeb会議サービス。資料を全員で共有する「画面共有」や、参加者がグループに分かれて討論できる「ブレイクアウト」等の機能がある。

・オンデマンド型
非同期型ともいう。教員は、オンライン上の授業ページに、その回で学習する教科書のページ指定、資料(授業を録画した動画、参考用ウェブサイトへのリンク、テキストの一部など)、課題の説明などをあらかじめアップロードしておき、その後、学生が個別にアクセスして自分で学習し、課題等に取り組む。後日、教員からのフィードバックを受け取ることもある。


取材・文: 田中洋子


【関連記事】
ICTを利用した継続学習を促す教材とは【アルク語学教育研究支援制度 審査員対談(1)】
次の学習行動を促すための評価法について【アルク語学教育研究支援制度 審査員対談(2)】

関連記事

  1. 事業運営本部 プログラムトレーナー 北島典子(左)アルク教育総合研究所 平野琢也所長(右) TOEIC高スコアなのに英語が話せない? TOEICとスピーキン…
  2. アルクEDIX 英語学習への動機付けと、4技能評価対応に高い関心 関西初のEDI…
  3. multilingual 2020年に向けて多言語対応の強化 ―「観光ビジョン実現プログラ…
  4. TSST 社員の英語スピーキング力を正確に”見える化”するテスト、無料体験…
  5. グローバル人材の定義から育成方法まで グローバル人材に求められる要件とは?
  6. 地理学者の宮口侗廸(みやぐちとしみち)さん 地方都市のインバウンド対応にいかす、地理学者の視点
  7. インバウンド 日本の地方は宝の山: 通訳の現場に見る、インバウンドの今
  8. エリン・メイヤーさん 文化の違いを越えてグローバルビジネスを成功させるには?<後編>
PAGE TOP