TOEIC(R) L&R Test、日本の受験者の平均スコアは523点【2019年度】

TOEIC

2019年度にTOEIC(R) Listening & Reading Test(以下、TOEIC)を受験した人のスコアとアンケート結果が、国際ビジネスコミュニケーション協会により発表された。

2019 Report on Test Takers Worldwide : TOEIC(R) Listening & Reading Test
※年間の総受験者数が500名以上の国を掲載
※アンケート回答者は、アジア地域の割合が高く、質問によって回答率が一定ではない

アンケート回答した受験者のバックグランド
・年齢層は21~25歳 (40%)、20歳以下(23%)、26歳~30歳(15%)、31歳以上(23%)
・性別は男性が53%で、女性より若干多い
・学歴で最も多いのが、大学卒(学士取得)または大学在学中で50%
・専攻は多い順に工学(26%)、教養学(19%)、経営学(18%)
・全日制学生が52%、フルタイム勤務者は37%
・職種は30%が科学・技術職、15%がマーケティング/販売、14%が事務職


日本の平均スコアは523点

【国別平均スコア】
地域別の平均スコアは高い順に、ヨーロッパ→アフリカ→南米→北米(含メキシコ)→アジア

TOEIC

【英語学習期間】
英語学習経験は、79%の受験者が「6年以上」と回答。「10年超」の割合が高いのが、マレーシアとマカオ(71%)、香港(70%)、インド(69%)。「4年以下」では、コスタリカ(42%)、ブラジル(41%)が高かった。

【日常生活での英語使用率】
日常生活で英語を使用する割合は、全体の43%が「1~10%」と回答し、この中で特に高かったのは、マカオと日本(46%)、ペルー(34%)、中国(32%)。

【最も使用する言語能力】
全体の32%が、最も使用する言語能力を「リーディング」と回答。多い順に台湾とブラジル(40%)、チリ(39%)、中国(37%)、日本(36%)。一方、「リスニング」と回答した割合は全体の19%。「4技能全て」を同等に使用していると回答した受験者は、9%という結果になった。

【TOEICの受験目的】
最も多かった回答は「英語学習のため」の31%で、日本と香港が上位を占める。「就職活動のため」は24%。コスタリカ、タイ、韓国がトップ3。「卒業に必要なため」も24%で、セネガル、ガボン、カメルーンの順。

日本の受験者の傾向

・平均スコアは対象国49カ国中43位(昨年から1ランクアップ)
・受験者の61%が男性
・日常生活での英語使用率は「1~10%」という回答が最も多い
・最も使用する英語能力は「リーディング」
・「英語学習のため」に受験する人が多い
・受験回数は「3回以上」の割合が高い

参照資料 2019 Report on Test Takers Worldwide: TOEIC(R) Listening & Reading Test (Educational Testing Service)


文・構成: アルクplus 編集部
画像提供: 国際ビジネスコミュニケーション協会

関連記事

  1. 大学入試制度、高校・大学の英語教育はどう変わっていくのか【大学の…
  2. 北区 コミュニケーションボードを作成 産学官で取り組む、北区のインバウンド対応とは
  3. 訪日外国人は何にお金を使う? 観光庁が2018年の調査速報を発表…
  4. ショーワ 7カ月でTOEICスコア平均99.7点アップを果たした、ショーワ…
  5. 英語学習書籍 私と学びとアルクーー50周年に寄せていただいたエピソード【第2回…
  6. ANAの志岐代表取締役 副社長、Airbnb Japanの田邉代表取締役、Peach Aviationの井上代表取締役CEO Airbnb JapanとANA、Peach Aviationの…
  7. 大学のグローバル化 情報交換セミナー 「新しい時代の英語教育を、共に考える。」大学のグローバル化 情報…
  8. ヒアリングマラソン 私と学びとアルクーー50周年に寄せていただいたエピソード【第3回…
PAGE TOP