学生時代の海外留学は、就職活動でアピールになる?【社会人の留学経験に関する調査】

海外留学

海外留学の経験は、就職活動で有利に働く? 学生時代に留学をした社会人400名に行われたアンケートから、実態を探る。

<調査概要>
調査対象: 学生時代に留学経験がある、25歳~34歳の男女
調査実施日: 2020年1月16日
調査方法: インターネット
有効回答数: 400
調査実施: 留学マスター
実査委託: 楽天インサイト


◆人気の留学先は、アメリカやオーストラリアなどの英語圏

留学をした国はアメリカが一番多く、400人中111人(27.8%)。その後にオーストラリア(20.0%)、カナダ(13.5%)、イギリス(9.5%)が続く。ニュージーランドとフィリピンも合わせると、全体の76.8%が英語圏に留学していた。

英語以外の言語では、多い順に中国(6.3%)、韓国(4.0%)、フランス(2.8%)、ドイツ(1.8%)、タイ(1.3%)他。

留学先はどの国ですか?
複数の国に留学した場合は、最後に行った国を選択

◆提携校や姉妹都市の学校への留学が多い

留学先の国を選んだ理由で最も多かったのは「留学先が指定されている(26.3%)」。2番目に多い「その国の言語を学ぶため(15.5%)」では、「アメリカで学びたかった」「イギリス英語を勉強したかった」など、国に重点を置く回答が見られる。3番目の「治安や環境のよさ(12.0%)」は、オーストラリアやカナダを行き先にした人が多数。また、高校留学を経験した人の多くがニュージーランドで学んでいた。

中国や韓国へ留学した人は、その言語への興味や専攻から選んだという回答がほとんどで、中には「K-POPが好きで韓国に留学した」という理由もあった。

ドイツやフランスへの留学は、音楽、芸術、ワイン、哲学など、専門的な分野の学習を目的にした人が多い。

また、「ダイビングの資格を取りたくてインドネシアに留学した」「サッカーをするためにドイツ留学をした」「教育学を学びたくてフィンランドに留学した」といった、目的をメインに留学先を選ぶ人もいる。

留学先の国を選んだ理由

◆主流は3カ月未満の語学留学

留学スタイルを問う項目では、半数以上が語学留学を選択。全体の38.0%が、3カ月未満の「短期語学留学」を経験していた。

学生時代の留学

期間の内訳では、1ヶ月未満が最多(34.0%)で、1カ月以上~3カ月未満(27.0%)が続く。3番目は、6カ月以上1年未満(21.0%)という結果になった。

留学期間

留学費用(学費、滞在費、渡航費などを含む)については、半数以上が「100万円未満」と回答。海外留学には多額の資金が必要となるため、学校や国、自治体などの奨学金制度を利用する人も多く、情報収集が欠かせない。

◆6割以上が語学力の向上、自身の成長を実感

留学を通して得たものは、「語学力が向上した(66.5%)」「コミュニケーション能力が高まった(60.8%)」「視野が広がった(53.5%)」「行動力がついた(50.3%)」など、多数の人が成長を実感している一方で、少数ながらも「とくに得たものはない(4.0%)」という回答もあり、現地でどのように過ごし、どう行動するかが大事だということが伺える。

留学で得たもの
当てはまる項目を全て選択

◆全体の約半数が「留学経験は就職に有利にはたらいた」と感じている

学生時代の留学経験が就職活動に役立ったかという質問には、「留学経験を企業にアピールしたことで就職が有利になった(36.8%)」「語学力を企業にアピールしたことで就職が有利になった(28.3%)」と回答。「留学中に知り合った人がきっかけで就職先が見つかった」という人もいる(8.0%)。

「その他」に寄せられた回答は、「就職してから役に立つことが多い(アメリカ留学、女性)」「就職後、役立っていると感じる(イギリス留学、女性)」と、どちらもポジティブ。

一方で、「留学経験は就活でアピールしなかった(27.5%)」「留学経験や語学力が就職に有利になったと実感していない(15.5%)」という回答もあるが、「就職活動はしていない」人(8.8%)を除いても、全体の約半数は留学経験が就職に有利に働いたと感じていることが分かった。

留学経験を就職に生かせたか?
当てはまる項目を全て選択

学生時代に留学を経験した社会人の多くが、語学力の向上や自身の成長を感じ、就職活動にも役立ったと答えている。新型コロナウイルスが収束した暁には、時間のとりやすい時期を活用して留学を経験してはいかがだろう。

●全データはこちらをご覧ください>> 留学経験のある社会人400人に聞いた! 学生時代の留学体験と留学で得たものに関する調査


写真: Element5 Digital on Unsplash
文・構成: アルクplus 編集部
データ画像: 留学マスター(ジャストイット)

関連記事

  1. 東京タワー 外国人旅行者のナイトライフを東京都が調査。人気のエリア、過ごし方…
  2. Silvana Richardson 【英語の先生向け】日本人教師の役割とは?
  3. 1000時間ヒアリングマラソン ハードなマラソンというよりも、無理なくウォーキングする感覚。リス…
  4. 日産化学 次世代グローバル人材の育成を目指して。日産化学の海外派遣プログラ…
  5. 上智大学 藤田 保先生 CLIL(クリル)って何? 上智大学の藤田 保先生に聞きました
  6. 堀内聡子さん 仕事と家事をこなしながら、760点、830点とスコアアップ。英語…
  7. 早川幸治さん 社員の英語力アップのために人事担当者ができること【セミナーレポー…
  8. 東急コミュニティー 社員の英語力育成に週2時間の研修を実施。脱落者ゼロ、結果を出した…
PAGE TOP