私と学びとアルクーー50周年に寄せていただいたエピソード【第2回】

英語学習書籍

前回に続き、通信講座を受講中の方にお寄せいただいた「アルクとの関係、思い出などのエピソード」をご紹介します。ぜひお楽しみください。投稿いただいた皆さま、ありがとうございました。
関連ページ>> アルク創立50周年特設サイト


英語力アップ&目標達成

ここ数年は「ヒアリングマラソン」をのんびり続けています。すぐ手に取れるように、リビングにテキストや『ENGLISH JOURNAL』を置いています。結果、私の英語力向上は亀の歩みのようですが、息子は中学生で英検準1級に合格しました(^^;
これからも家族で楽しんでいこうと思っております。
(ちえさん)

私が初めてアルクの書籍を購入したのは、15年前。大学で第二外国語として始めた中国語にハマり、定期購読した『中国語ジャーナル』が最初でした。それから、元々好きで勉強していた英語の関連書籍を買ったり、通信講座を受講したりしているうちに、気づけば英語を使った仕事をするようになっていました。今でも仕事のスキルを上げるべく、英語の勉強は継続中。アルクの書籍や通信講座にもお世話になり続けています。
(おいもさん)

大学の英語の講義で使ったのがアルクのシステムでした。正直言うと、英語が嫌いだったので、あまりしっかりと学習しませんでした。そのため点数もあまりよくなく。
社会人になって海外ドラマの影響、海外に行ったことをきっかけに、英語学習に興味を持ち、アルクの講座を始めました。『ENGLISH JOURNAL』が本当に楽しくて、英語学習が大好きになりました!
TOEICも何も対策せずに750点前後とれたので、『ENGLISH JOURNAL』をしっかりやったおかげだと思います。ただ、今でも単語を覚えることは苦手です。今後は800点超せるように頑張ります!
(みさきちさん)

電車の中で、外国人の方々の会話を少し理解できるようになっていて、リスニング力が上がっている実感が湧きました!!
(ななしさん)

会社に入って初めてTOEICを受けた時に400点台だったスコアが、アルクの通信講座をいろいろ受けるなかで800点台にまで伸びました。アルクの通信講座、参考書のおかげだな~と思っています。
(ななしさん)

通訳トレーニング入門」を受講していました。最終課題提出が締切ギリギリだったにもかかわらず採点くださり、無事修了証が発行されました。その節はありがとうございました。
(Yoshiさん)

通信講座のおかげで、TOEICの目標点数クリア!
(ななしさん)

ただいま受講中!

1999年に留学の準備に備えて、通信講座「ボキャビルマラソン」を頑張りました。アメリカ留学を経て、アメリカ在住18年になりました。今でも教材を見るととても懐かしく、一生懸命勉強した頃を思い、懐かしくなります。現在は「映像翻訳Webコース」を受講しています。まだまだ、英語を磨きつつ、頑張ります。
(シカゴ大好きさん)

大学院修士2年です。会社に入社する前の課題として、アルクに取り組んでいます。英語に毎日触れるのが久しぶりなので、懐かしい気持ちで勉強しています。「TOEIC600点コース」を受講してまだ1カ月ですが、英文を読むスピードが速くなったと実感します。今から入社式後のTOEICを受けるのが楽しみです。
(ななしさん)

キクタン』を学校の授業で使ったのが最初。今は「ヒアリングマラソン」でお世話になっています。
(みーぱんさん)

もう30年ほど前になります。マネジャー研修として、アルクの英語教材で通信教育を受けました。今回、「ヒアリングマラソン」を受講していますが、難易度が随分上がり教材のレベルアップに驚いています。昔はこの程度で英語ができるのかと思っていましたが、隔世の感があります。これからも興味深い教材を楽しみにしています。
(Pochiさん)

大学のサマースクールで、アルクの教材を利用した講義を約20年前に受講。1冊の教材を何回も聞くことで、リスニング力が身に付いた。現在、学生の頃よりも教材を購入できる金銭的なゆとりはあるが、当時と違い限られた時間の中でしか勉強できない。学生の頃に留学しておけばよかったと思うが、もう戻れない。「ヒアリングマラソン」で新たな知見を身に付け、国際的感覚を磨いていければと頑張っています。
(アネモネの花さん)

あなたにとってアルクは……

毎日の友。
(ななしさん)

私の学習スタイル

子育て、家事の合間、聞いているときは自分一人の大切な時間です。ワイヤレスイヤホンでさらに快適になりました。
(ゆきだるまさん)

のんきで無計画の私が、計画的に勉強できるのは、テキストとテストコのおかげです。どうしても分からないところは、学習コーチに質問できるので安心して取り組めます。答え合わせのドキドキはくせになります。
(のらさん)

英語のやる気がでないとき、講座の動画を見るとやる気がでます!
(ここねこさん)

会社の通信教育で利用させてもらってます。今回のはちょっとハードル上げて大変ですが……楽しく勉強しています。『ENGLISH JOURNAL』が楽しみです。
(golfhoteiさん)

自由な時間に自分のペースで学習ができる。仕事が忙しくなかなか時間が取れないですが、隙間時間で学習できて良いと感じています。
(ななしさん)

今までも、この先も

アルクを知ったのは、社会人になってからです。ブログでおススメ本として『キクタン』が紹介されていました。音声付きの英単語帳、衝撃でした。しばらく英会話から遠ざかっていたのですが、令和元年より再開しました。そして、またブログで知った「ヒアリングマラソン」を購入しました。あまりの面白さに、またまた衝撃を受けました。私の英語学習には、いつもアルクありです。
(匿名希望さん)

随分昔に「ヒアリングマラソン」を受講し、途中で挫折した苦い思い出がありましたが、育児も少し落ち着き、自分の時間を持てるようになり、心機一転、再度挑戦中です。たとえ短い時間でも、毎日英語を聴くことを習慣づけ、ディクテーションコンテストもテストも毎月提出する!と心に誓い、今のところ継続できています。
さらに先月からは『ENGLISH JOURNAL』を聴き始めました。今まで敷居が高くて踏み込めませんでしたが、内容がとても興味のあるものなので、これからはこちらも毎月やろうと思ってます。
英文科を卒業したわけでも、外資系に勤めたことがあるわけでもありませんが、英語を理解し話せるようになったら世界が変わるかもと、今夢中になってます。スマホで気軽に聴くこともできて、学びやすい環境になって、年はとってしまったけど良い時代になったと思ってます(挫折しづらくなったかな)。中年専業主婦ですが、この年齢からでもできるようになると証明したいと頑張ってます。
(Masakoさん)

大学時代は論文を読むのに非常にお世話になりました。専門用語も調べられて重宝しました。いまは会社の補助を利用してリスニング講座を受講、勉強し続けないとすぐ劣化してしまうので、ずっと続けていきたいです。
(ばっちゃんさん)

10年ぐらい前に「ヒアリングマラソン」に一度挫折しました。ずっと悔しかったので再度チャレンジすることにしました。
(ななしさん)

昔からお世話になっています。受験の時に勉強していた問題集もアルクでした。懐かしいです。これからもお世話になります!
(すもさん)

創立50周年おめでとうございます!
井の頭線を利用していた学生時代、線路沿いにあったアルクがいつも気になっていました。社会人になり「ヒアリングマラソン」を受講する機会に恵まれた時、「あのアルク!」とちょっと感動したのを覚えています。
英語を使う仕事に就き、もっとスキルアップしなくちゃと思いながらも、日々の忙しさを理由に勉強からすっかり遠ざかってしまい……アルクの前を少し後ろめたいような気持ちで往復していました(笑
が、ついに今年、一念発起して十年ぶりに「ヒアリングマラソン」に再チャレンジしています。質の高いコンテンツと久々の学生気分で毎日楽しく続けています。これからも末永くよろしくお願いします。
(Lulalaさん)

第3回もお楽しみに!


構成: アルクplus 編集部

関連記事

  1. 湖水地方 【英語の先生向け】夏休み海外研修レポート:イギリス(6)
  2. 島﨑美奈子先生 東京都の訪日外国人医療の現状について聞く ──言葉とコミュニケー…
  3. 小泉清裕先生 2020年度から小学5、6年生で英語が教科に。今、日本の英語教育…
  4. 上智大学 藤田 保先生 CLIL(クリル)って何? 上智大学の藤田 保先生に聞きました
  5. Vegetarian available 訪日客が食べたいもの、気にする食材ってどんなもの?
  6. kodomo 使える英語力を育てるためには、コミュニケーションの目的、場面、状…
  7. 世界英語能力ランキング、日本は88カ国・地域で49位
  8. 早川幸治さん 社員の英語力アップのために人事担当者ができること【セミナーレポー…
PAGE TOP