TOEIC(R) S&W Tests、2018年度の受験者の平均スコアは?

TOEIC S&W

2018年1月から12月にTOEIC(R) Speaking & Writing Testsを受験した人のスコアとアンケート結果が、国際ビジネスコミュニケーション協会により発表された。

2018 Report on Test Takers Worldwide : TOEIC(R) Speaking & Writing Tests
※Educational Testing Serviceがまとめた2018年度、世界におけるTOEIC(R) Speaking & Writing Tests受験者スコアと受験者が回答したアンケート結果
※年間の総受験者数が50名以上の国を集計
※TOEIC(R) Speaking TestとTOEIC(R) Writing Testの最高スコアはどちらも200点
※受験者の回答率は、質問項目により異なる


◆TOEIC(R) Speaking Test、日本の平均スコアは111点

TOEIC(R) Speaking Test のアンケートに回答した受験者のバックグランド
・性別は男性が57%
・学歴で最も多いのが、大学卒(学士取得)または大学在学中で73%
・専攻は多い順に工学(39%)、教養学(19%)、経営学(15%)
・全日制学生が41%、フルタイム勤務者は38%
・職種は22%が事務職、16%が技術者、14%が科学・技術職

【国別平均スコア】
地域別の平均スコアは高い順に、南米→ヨーロッパ→アジア→北米(含メキシコ)→オセアニア

TOEIC(R) speaking Test
【英語学習期間】
英語学習経験は、84%の受験者が「6年以上」と回答。特に割合が高いのが、アラブ首長国連邦(72%)、台湾(64%)、ハンガリー(63%)。日本は57%だった。また、「4年以下」ではパナマとエルサルバドルが全受験者(100%)、コスタリカ(82%)、ベトナム(55%)が高い。

TOEIC S&W Tests

【日常生活での英語使用率】
日常生活で英語を使用する割合は、全体の39%が「1~10%」と回答。高い順に、ハンガリー(49%)、中国(43%)、日本(41%)。

【最も使用する英語技能】
全体の23%が、最も使用する英語技能を「リスニングとスピーキング」と回答。22%が「4技能全て」を挙げ、20%が「リーディング」という結果になった。

【TOEIC(R) Speaking Testの受験目的】
最も多かった回答は「就職活動のため」で51%。「昇進・昇格のため」が21%と続く。

TOEIC S&W Tests

◆TOEIC(R) Writing Test、日本の平均スコアは130点

TOEIC(R) Writing Test のアンケートに回答した受験者のバックグランド
・性別は男性が53%
・学歴で最も多いのが、大学卒(学士取得)または大学在学中で58%
・専攻は多い順に教養学(27%)、工学(21%)、経営学(18%)
・フルタイム勤務者が51%、全日制学生が32%
・職種は15%が経営者、事務職、14%が科学・技術職

【国別平均スコア】
地域別の平均スコアは高い順に、ヨーロッパ→北米→南米→アジア→オセアニア

TOEIC(R) Writing Test

【英語学習期間】
英語学習経験は、77%の受験者が「6年以上」と回答。ただ、パナマとエルサルバドルが全受験者(100%)、ベトナム(56%)、ニュージーランド(51%)のように、「4年以下」と回答した受験者が多い国もある。

【日常生活での英語使用率】
日常生活で英語を使用する割合は、全体の30%が「1~10%」と回答。高い順に、ハンガリー(51%)、中国(42%)、日本、シンガポール(各40%)。

TOEIC S&W Tests

【最も使用する英語技能】
全体の24%が、最も使用する英語技能を「リスニング」と回答。エルサルバドル(99%)、パナマ(98%)、ベトナム(56%)で特に高い。19%が「リーディング」を挙げた。

TOEIC S&W Tests

【TOEIC(R) Writing Testの受験目的】
最も多かった回答は「英語学習のため」で27%。「就職活動のため」が26%。韓国の受験者の51%が「昇進・昇格のため」に受験した。

日本の受験者の傾向

・「スピーキング」の平均スコアは、対象国28カ国中26位
・「ライティング」の平均スコアは、対象国26カ国中25位
・日常生活での英語使用率は「1~10%」という回答が最も多い
・最も使用する英語能力は「リスニング」
・「学習のため」に受験する人が多い
※2018年度に日本で受験した人数は3万9千人

TOEIC S&W Tests

参照資料 2018 Report on Test Takers Worldwide : TOEIC(R) Speaking & Writing Tests (Educational Testing Service)


文・構成: アルクplus 編集部
画像提供: 国際ビジネスコミュニケーション協会

関連記事

  1. アルクブース インバウンド需要拡大で、初の言語支援EXPOが開催 ― アルクも…
  2. 山内弘隆氏 これからの観光ビジネスをリードする人材育成に着手した、一橋大学
  3. 島崎秀定 ビジネスパーソンも知っておきたい、おもてなしの心得<前編: 欠か…
  4. IMD 高津氏 グローバルリーダーが集う最新のプログラム ― 世界トップクラスの…
  5. アルク総研 高校生の英語スピーキング力の育成と評価を考える【講演レポート】
  6. もう一度英語 ビジネス Chance 就職内定を機に、ビジネス英語に初挑戦。今では英文メールも難なく書…
  7. 不思議の国、ニッポン~外国人旅行者が驚くこと~
  8. ESS(English Speaking Society)同好会の活動 友達を案内する気持ちで、男子中高生が外国人観光客に鎌倉をガイド【…
PAGE TOP