「英辞郎 on the WEB Pro」で仕事も学習も効率アップ!【第1回】

eow

216万*もの見出し項目を持つ、英和・和英検索サービス「英辞郎 on the WEB」は、ブラウザとアプリで利用することができ、3種類のサービスを用意しています。その中から、仕事や学習がはかどる「英辞郎 on the WEB Pro」の便利な使い方をご紹介します。
* 2019年11月15日時点。
※「英辞郎」は道端早知子氏の登録商標です。


便利な機能01「英語+日本語」検索: 2語以上の検索で最適な表現を引き出す

英語 / 日本語を組み合わせて検索すると、目当ての表現が効率良く探せます。例えば「run 経営する」と入力して検索すると、見出しに「run」、訳語に「経営する」を含む英和の対訳語句が表示されます。同様に「経営 run」だと、「経営」と「run」を含む和英の検索結果が表示され、検索結果から「走る」の訳語を除いて絞り込むことができます。

「takeを使ったフレーズで”似ている”という意味の表現があったはず」のように、うろ覚えの言葉を見つけたい時にも便利です。

英辞郎 on the WEB

「run」と訳語の「経営する」が赤くハイライトされる。3つ以上の語でも検索OK

【愛用者の声】英訳が意図した意味で伝わるかを確認
例えば「たまもの」を訳す場合、「現場の努力の結晶」というニュアンスを出したくて、crystallization (結晶化)で伝わるかどうかを「crystallization たまもの」で検索。該当項目は見つからず、意訳し過ぎて伝わらない可能性が高いと分かります

続いて、「たまもの」のみで検索すると、product や fruit がヒット。それぞれの使い方を調べると、fruit は「〔努力などの〕成果、結実」の訳があり、こちらがより意図に合う表現と分かりました。
MSさん(コンサルタント)

便利な機能02 単語帳: 調べた単語や表現を効率良く身に付ける

検索結果の見出し語の左にある単語カードのアイコンをクリックすると、その単語が「単語帳」に登録されます。「単語帳登録履歴」の右側の丸い矢印から移行できる「すべてを見る」の画面では、登録した最大5,000件の単語を一覧で見たり、復習したり、覚えたい単語を印刷して持ち歩いたりすることも可能です(いずれもブラウザの機能。下の画像はアプリの画面)。

英辞郎 on the WEB Proアプリの単語帳は「並べ替え」ができる

【愛用者の声】登録した単語を通勤時間に学習
パソコンとスマホのデータが同期されるので、仕事中に調べた単語はどんどん「単語帳」に登録していき、通勤中に学習します。スマホの内蔵音声を使って、全ての英語の発音も確認できて便利です。化学・医学用語が豊富で重宝しています。
M・Kさん(製薬系)

便利な機能03 整列・頻度集計: 検索した語彙と一緒によく使われる単語をチェック

「整列」や「頻度集計」機能で検索すると、その語句が前後にどんな語を伴って使われることが多いのかを調べられます。「頻度集計」は通常の検索を行い、「検索結果」を表示させた上で行うと、意味も確認できて便利です。例えば、検索窓に discuss と入れて「頻度集計」ボタンをクリックすると、issues を目的語に取ることが多いといったことが分かり、ライティングに応用できます。よく使われる自然な言い回しを知りたい時に役立ちます。

英辞郎 on the WEB検索の際に「頻度集計」をクリック

【愛用者の声】より自然な組み合わせか確認できる
例えば、appreciateと相性の良い副詞を調べるとします。前後3語目までによく使われる単語が多い順に表示され、really、greatly が前によく置かれるようだと分かります。

また、後に続く単語には that があり、that 節が続くようです。確認のために「appreciate that」と検索すると、「~してくれたことに感謝します」という意味の例文がヒットしました。

職場の先輩に薦められて使い始めましたが、使えば使うほど良い面が見えてきます。
O・Sさん(通信系)

★次回は、検索結果を引用した英文メールの書き方をご紹介します。お楽しみに。


◆便利な使い方をもっと知りたい方に◆
基本的な機能から高度な検索までご案内
「英辞郎 on the WEB Pro」ご利用ガイド
https://eowp.alc.co.jp/guide/

検索のちょっとしたコツをご紹介
「英辞郎 on the WEB」の機能説明・Tips 一覧
https://eow.alc.co.jp/help/tips/


構成: アルクplus 編集部

関連記事

  1. 平野琢也所長 これからの英語教育を考えるーー「アルク教育ソリューションEXPO…
  2. アルク語学教育研究支援制度 転換期の語学教育。アルク、継続学習を促す研究を後押し
  3. 1000時間ヒアリングマラソン 早朝学習で英語リスニング力をアップ!【講座体験レポート】
  4. アルクブース インバウンド需要拡大で、初の言語支援EXPOが開催 ― アルクも…
  5. 山内弘隆氏 これからの観光ビジネスをリードする人材育成に着手した、一橋大学
  6. もう一度英語 ビジネス Plus スマホだけでも学習できるのが魅力。耳が英語に慣れました
  7. 上智大学 藤田 保先生 CLIL(クリル)って何? 上智大学の藤田 保先生に聞きました
  8. 事業運営本部 プログラムトレーナー 北島典子(左)アルク教育総合研究所 平野琢也所長(右) TOEIC高スコアなのに英語が話せない? TOEICとスピーキン…
PAGE TOP