【TOEIC(R) Program、2018年度の受験者数と平均スコア】TOEIC(R) S&W Testsの受験者数が過去最高を記録

日本でTOEIC(R) Program を実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会 (IIBC) は、2018年に行われたTOEIC(R) Program の公開テストと団体特別受験制度 (IPテスト) の受験者数や平均スコアなどを発表した。

参照資料: TOEIC(R) Program DATA & ANALYSIS 2019
※2018年度 (2018年4月~2019年3月) のTOEIC(R) Listening & Reading Test、TOEIC(R) Speaking & Writing Tests の公開テストおよび IPテストの実受験者データをもとに作成。


TOEIC(R) Listening & Reading Test の受験者数と平均スコア

TOEIC

TOEIC(R) L&R の平均スコアは、公開テストが580点、IPテストが471点。2018年度は個人受験者の他、日本の約3,100の企業・団体、学校などが採用した。

※算出方法は「Total スコア合計 ÷ 受験者数」

TOEIC(R) Speaking & Writing Tests の受験者数と平均スコア

TOEIC

TOEIC(R) S&W の平均スコアは、公開テストはTOEIC(R) Speaking Test が123.7点、TOEIC(R) Writing Test が142.2点。IPテストはTOEIC(R) Speaking Test が103.8点、TOEIC(R) Writing Test が122.8点。
日本では個人受験者の他、370ほどの企業・団体、学校が採用した。

両テストの受験者数推移

公開テストのみ、申し込みベースで集計。

●TOEIC(R) L&R Test
TOEIC

2015年度の255万6千人からゆるやかに減り、2018年度の受験者は245万6千人。

●TOEIC(R) S&W Tests
TOEIC

2006年にスタートしたTOEIC(R) S&W は、右肩上がりで受験者数が伸び、2018年度は過去最高の39,300人を記録した。


文・構成: アルクplus 編集部
画像提供: 国際ビジネスコミュニケーション協会

関連記事

  1. ANAの志岐代表取締役 副社長、Airbnb Japanの田邉代表取締役、Peach Aviationの井上代表取締役CEO Airbnb JapanとANA、Peach Aviationの…
  2. 音声タッチペン付き アルクのえいご絵じてん SUPER 子どもに身近な2200語をイラストと音声ペンで楽しく学べる『音声…
  3. 訪日観光の今 進化する訪日観光、その時通訳ガイドは?
  4. もう一度英語 ビジネス Basic スマホをフル活用して、ビジネス英語を習得。会議で発言できるように…
  5. 1000時間ヒアリングマラソン ヒアリングマラソンとオンライン英会話を受講し、聞く・話す力を強化…
  6. 松本美江 いったいどこで? 訪日旅行者の驚きの情報収集力
  7. 鹿鳴家英楽 外国人観光客と一緒に英語落語を聞いて、笑おう!
  8. コイノニア 英語教師 Naoのケニア授業日誌: 第2回「コイノニアが才能を見…
PAGE TOP