2019年 8月

  1. NAFL日本語教師養成プログラム

    日本語教師を目指して通信講座で学び、検定試験に合格した人の「勝ちパターン」<前編>

    日本語教師になるために合格しておきたい日本語教育能力検定試験は、合格率3割を切る難関。試験は毎年10月末、年に一度しかないため、万全に対策して確実に合格をつかみ取りたいものです。アルクの通信講座を受講し、検定試験に合格した方へのアンケート結…

  2. アルク語学教育研究支援制度

    転換期の語学教育。アルク、継続学習を促す研究を後押し

    Photo by Davide Cantelli on Unsplash2019年度、新たに開設…

  3. NAFL

    出産前の時間を有効に使って勉強に集中。テキストと用語集をフル活用し、見事1回で合格!

    韓国で日本語教師として働く夢を持ち、検定試験合格を目指した千嶋成美さん(看護師) に、講座の魅力や学…

  4. NAFL

    高校での日本語支援を機に検定受験を決意。将来は介護の日本語も教えてみたい

    必ず日本語教育能力検定試験に合格する!という目標を持ち、結果を出したNAさん (フリーランス) 。学…

  5. 【TOEIC(R) Program、2018年度の受験者数と平均スコア】TOEIC(R) S&W Testsの受験者数が過去最高を記録

    日本でTOEIC(R) Program を実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会 (II…

  6. ショーワ

    7カ月でTOEICスコア平均99.7点アップを果たした、ショーワの「英語MASTER研修」

  7. NAFL

    日本語ボランティアを機に検定試験にチャレンジ。将来は海外の日本語学校でも教えてみたいですね

PAGE TOP