グローバル人材に求められる要件とは?

グローバル人材の定義から育成方法まで

国内市場の縮小傾向を受け、日本企業は今、より高い経済成長が見込まれる海外市場を目指しています。そこで必要となるのが、海外関連業務を任せられる人材です。特に重要なのが、さまざまな言語、宗教、習慣、価値観や思考パターンが入り乱れる組織を束ね、課題を解決して成果に結びつける力を持っていること。国内外、どこで仕事をするにしてもこうした力は必要で、その期待を担うのがグローバル人材です。本記事では、グローバル人材について考えます。


グローバル人材とは?

具体的に、どのような資質をもつ人を「グローバル人材」というのでしょう。グローバル人材育成推進会議による定義では、グローバル人材が身に付けているべき特質として、次の3つの要素を上げています。

1. 語学力・コミュニケーション能力
2. 主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任感・使命感
3. 異文化に対する理解と、日本人としてのアイデンティティー

他に、幅広い教養と深い専門性、課題発見・解決能力、チームワーク、(多様な人々をまとめる)リーダーシップ、公共性・倫理観、メディアリテラシーなども、重要な要素だとしていますが、これらはいわば総合的な人間力。このことから、グローバル人材が単に「語学に堪能な人」というわけではないことが分かります。

出典: グローバル人材育成推進会議中間まとめ

グローバル人材の必要性

日本企業が海外展開を行うにあたっては、さまざまなレベルで海外とのやりとりが発生し、それを担当する人材が必要になります。海外の現地法人に派遣され、ローカルスタッフと力を合わせてビジネスを展開する人。市場開拓や技術サポートのため、海外企業を訪問する営業担当者や技術者。国内勤務でも、外国人上司や同僚と仕事をし、海外との通信が頻繁な実務層は少なくありません。企業のグローバル化の進展度によって、必要とされるグローバル人材も変わってきます。

グローバル人材の定義から育成方法まで

グローバル人材の育成方法

それでは、このような人材を育成するためには、どのような教育が必要でしょうか。まずは英語研修を思い浮かべる方が多いかもしれません。もちろんグローバル社会で意思の疎通を図るために、英語力は必須です。しかし、グローバル人材は「ただ英語が話せる人」ではありません。

勉強でも仕事でも特定分野に優れた人は、国内外に活躍のチャンスがあるでしょう。その上で英語が話せれば、もっと活動の幅が広がります。こうしたことから最近は大学でも、英語で別の科目を教えたり、専門分野のワークショップを海外の大学と合同で行なったりといった動きが活発です。

企業のグローバル人材育成もまた、その実効性を見直す時期にきています。真の戦力となるグローバル人材を育てるために、コミュニケーションスキル、異文化に対する理解力や対応力、リーダーシップ、論理的思考法といった重要な力を伸ばす研修を、語学研修と合わせて採り入れていく必要があるのです。

参考: グローバル人材育成委員会 議事概要

グローバル人材に求められるもの

アルクが考えるグローバル人材の要件を、ステージごとにご紹介します>>
グローバル人材とは? 定義から育成方法まで、お教えします

◆お問い合わせはこちら
https://www.alc-education.co.jp/business/apply/


文: 田中洋子
構成: アルク

関連記事

  1. エリン・メイヤーさん 文化の違いを越えてグローバルビジネスを成功させるには?<後編>
  2. アルク特製カレンダー2018 アルク特製カレンダー2018をダウンロード【検定カレンダー、元気…
  3. 日本での心地よいおもてなし 国際接遇の達人に聞く、“日本での心地よいおもてなし”<後編>
  4. British Music 【英語の先生向け】夏休み海外研修レポート:イギリス(5)
  5. Coworking/Coloving in Japan & Asia 訪日外国人が利用しやすい「コワーキングスペース」ビジネスを考える…
  6. 24時間にぎわう新宿の、観光施策と安全対策 24時間にぎわう新宿の、観光施策と安全対策
  7. 通信講座で着実に英語力UPする方法 通信講座で着実に英語力UPする方法【第1回 学習計画の上手な立て…
  8. ZEN English 外国人観光客に人気の英語坐禅クラスを体験
PAGE TOP