英語教師 Naoのケニア授業日誌: 第2回「コイノニアが才能を見つけてくれたの」

コイノニア

ケニアのスラム街に暮らす子どもたちが通う「コイノニア教育センター (以下、コイノニア)」を訪問した、飯塚直輝先生(鎌倉学園中学校・高等学校)の授業日誌をお届けします。


コイノニアの授業

コイノニアの授業はかなりの少人数。一学年多くても11人で、少ないと3人の学年もあります。人数が少ないだけあって子どもたち同士、とても仲がいいし、授業も自然と体験型が多くなります。

スワヒリ語(国語)の授業では、自分で作った例文を即興で演じたり、ダンスの授業では学年を混ぜながら発表に向けて練習したり、サッカーをしに広いスペースのある廃校に行ったりと、子どもたちが学びを楽しめるような工夫がされています。

スラム街の子どもたちは、最初は勉強することの意味も知らなかったかもしれません。しかし、先生方が毎日のようにその意味を伝えることで、子どもたちは楽しんで、積極的に授業を受けています。

コイノニア

“It is the child who is so dull, stupid, hungry that I must work for.”

コイノニア

コイノニアの職員会議室には、こんな言葉があります。「誰も見捨てない」ということだけではなく、どのように子どもたちを見つめ、手を差し伸べるべきか書かれています。

「かわいらしい子ども」は愛されるのが上手。成績が良い子、素直な子、何かに秀でたものを持っている子は、大人は関わりやすいし、褒めやすいものです。

しかし、本当に目を向け、愛さなければいけない子は、成績は良くないし、反抗的で特別なものを持っていない、いわゆる「かわいげがない」子です。その子たちはほとんどの大人に見向きもされず、愛をもらっていないから、愛され方を知りません。結果、かわいげがない態度や行為を取ってしまうのです。コイノニアでは「どんな子も見捨てず、指導をし、最後まで面倒を見る」という先生方の思いや愛が子どもたちに伝わっています。

コイノニアでの一日

学校がある日は6時半にバスに乗ります。子どもたちはスラム街から来ますが、家でごはんを食べてきた子、5シル(約5円)で買った揚げパンをかじりながら来る子、中には遅刻しそうになり走ってくる子もいますが、どの子も学校で学ぶことを望んでいて、朝から楽しそうにしています。

数カ所で子どもたちを拾い、1時間ほど走るとコイノニアに到着します。朝一番は全員で校舎内の掃除をし、礼拝、そして授業です。授業は8時20分から16時半までたっぷりありますが、1コマ40分ですし、休み時間が30分、ランチタイムが60分と、子どもたちの集中を切らさない工夫がされています。午前中は座学、午後は体を使った活動が多いのも特徴でしょう。ダンスや音楽の授業に特別講師を招いたり、サッカーをしに近くのグラウンドまでバスで行ったりもします。

コイノニア

30分の休み時間には栄養たっぷりのおかゆ、ランチは給食、そして授業後にはスナックタイムがあり、家では十分に食べることができないお腹をすかせた子どもたちのために、食事面を充実させていることも分かります。印象的だったのは、牛肉入りのピラフが出た時に、ほとんどの子が牛肉を残しておいて、最後においしそうに食べていたことです。普段は好きなものを残していたら兄弟や親に取られてしまうかもしれません。しかし、コイノニアでは誰かに取られる心配はないので、好きなものを最後に安心して食べられるのです。

コイノニア

「コイノニアが才能を見つけてくれたの」

授業が全て終わると、またバスに乗って帰ります。この日、隣に座ったのはシルビアという、14歳のシャイな女の子でした。

「学校は好き?」と僕が尋ねると、「好き」と応えてくれます。理由を聞くと、「コイノニアは勉強だけでなく、体育やダンス、劇などいろいろなことを学べるから」と言います。「それに、コイノニアが私の才能を見つけてくれたの」と続けます。どんな才能なのか尋ねると「ダンスだよ」と教えてくれました。

数学で活躍できなくても、英語で活躍できればいい。座学で活躍できなくても、スポーツで活躍できればいい。そうやってさまざまな可能性を引き出すことで、彼女も自信をつけているようです。

コイノニア

住んでいる場所については、「スラム街だから好きではない」そうです。彼女は、できればそこを出たいと考えています。

最後に夢を尋ねると「医者になりたい」と、はっきり話してくれました。誰かのために生きることの大切さを彼女はすでに知っています。コイノニアで学ぶ前は、自分のために生きるだけで必死だったのかもしれません。現在、彼女は教育によって自分自身に余裕や自信を持つことができ、夢に向かって生きているのです。

第3回「ルールに従うことよりも大切なこと」を読む >>

文・写真: 飯塚直輝先生(鎌倉学園中学校・高等学校 教諭)
2010年より同校に勤務。2014年からESS同好会「鎌倉学園ESS」の顧問を務める。“言語を通じて、生徒の心を揺さぶり、人間的な成長を促す”をモットーに、授業のみならず学級運営や特別活動などにおいても、常に生徒の表情の変化が絶えない実践を目指し奮闘中。

関連記事

  1. 渡邊浩行さん 講義の動画で英語力習得に最短のやり方が学べました
  2. 手塚良則氏 すしを通して、日本の魅力を伝えたい<第2回> ――海外からのお客…
  3. 山崎亮氏 地域活性化のプロ 山崎亮さんに聞く コミュニティづくりの秘訣
  4. ダイバーシティ&インクル―ジョンが求められる日本の医療現場 ダイバーシティ&インクルージョンが求められる日本の医療…
  5. 中学英語の定着 中学英語定着のためにできること
  6. アルク総研 高校生275人を3年間追跡調査して分かった、英語スピーキング力向…
  7. 株式会社ラーニングコネクションズ 代表取締役 早川 幸治さん(右) 株式会社アルク 営業本部 第4営業リーダー 酒井 俊輔(左) 英語研修の成果を上げるには学習者の「意識改革」がカギ
  8. 1000時間ヒアリングマラソン ヒアリングマラソンとオンライン英会話を受講し、聞く・話す力を強化…
PAGE TOP