テキストの会話は、生活の中で実際にありそうなものばかり。「私もいつか使うかも」と興味を持って取り組めました

イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced(アドバンス)

通信講座「イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced (アドバンス)」で会話力を磨き、外国人との交流を楽しんでいる嶋津美香さん(会社員)に、学習スタイルや今後の目標などをお聞きしました。


もどかしさを感じたニューヨーク留学。「流ちょうに話したい!」と受講を決意

――これまで、英語とはどう関わってきましたか?

子どもの頃から、英語に親しんでいました。家にカセットテープ付きの学習百科事典があって、音を聞きながら眺めるのが好きだったんです。中学校では、英語のスピーチコンテストで地区代表に選ばれたこともあります。高校卒業後、専門学校で本格的に英語を学びました。社会人になってからはいろいろな仕事にチャレンジしており、貿易事務や翻訳チェックなど英語にかかわる業務にも就いていました。

――本講座を受講したきっかけを教えてください。

2017年夏、会社を休んで1カ月間、ニューヨークに短期留学しました。日常会話にはそれほど困らなかったものの、現地で知り合った人と深い話をしたいときや、細かいニュアンスまで伝えたいときに、うまく言えなくてもどかしい思いをしました。もっと流ちょうに話せるようになりたいと思い、帰国後すぐにこの講座を申し込みました。

繰り返し口を動かすうちに
英語を話すことにどんどん慣れていった

――どのようなペースで学習を進めましたか?

毎日、会社の昼休みに10〜15分、帰宅してから寝るまでの間に15分ほど学習しました。通勤途中には、携帯オーディオプレーヤーを使って音声を聞きました。テキストが小さくて持ち運びやすいので、旅行中もかばんの中に忍ばせ、寝る前にちょこっと学習。自宅以外で取り組む際にも、なるべく口を動かし、小さな声でも英語を言うように意識しました。

そうして日々、コツコツと続けていると、最初のうちはあまり変化がないように感じても、ある日突然「今までよりも言えてる、聞き取れてる!」と気づく瞬間があり、うれしかったです。

――受講してみて、どのような点が良かったと感じましたか?

テキストの会話は生活の中で実際にありそうな場面設定で、取り上げられているフレーズも「こういう場面、あり得るよね」と身近に感じられるものばかりだったので、興味を持って取り組めました。声に出して英語を言った分だけチェックマークを記入する「コエダスカウンターシート」(下の画像)もお気に入りです。シートを見て「あっ、今日はまだ言えてない!」などと気付くことができましたし、空欄が埋まるたびに達成感が得られて、ゲーム感覚で楽しく学習することができました。

コエダスカウンターシート

この講座では、テキストの指示に従うだけで、自然と何度も英語を言う練習ができます。繰り返し声に出すうちに、英語を話すことにどんどん慣れてくるのを感じました。私は歌手としても活動しているのですが、耳で聞いて歌詞を覚えているつもりでも、実際に口を動かして練習しないとうまく歌うことができません。英語もこれと同じで、声に出すことがすごく大切だと実感しています。

夢は世界中の人と話すこと! 2度目の学習で英語力をさらに高めたい

――学習のモチベーションを高めるために、工夫したことはありますか?

学習がはかどらない日は、お気に入りの映画である『美女と野獣』と『マトリックス』のDVDを流してモチベーションを高めました。また、『マトリックス』に出演しているキアヌ・リーブスが大好きなので、彼の写真を眺めることもありました。「いつかキアヌとお友達になりたい。そのために英語力を上げておかなきゃ」と思えるので(笑)。

――講座を修了して、学習の成果を感じましたか?

最近、外国人との英語交流会やスペイン語交流会に参加しています。じつは、スペイン語も習い始めたんです。英語交流会では、ネイティブスピーカーとの会話の中で「テキストにもこんなフレーズがあったな」と思い出すことがあります。講座を通じて英語を発することに慣れたので、いろいろな国の人たちと楽しく交流できています。

また、映画を見るときにも、英語のセリフが以前より聞き取れるようになりました。日本語字幕を見て「英語ではこう言っているけれど、字幕ではこんなふうに訳すんだ」などと気付くようになって、面白いです。

キクタン スペイン語キクタン スペイン語』を愛用中

――今後の目標を教えてください。

もともと話すことが大好きなので、英語とスペイン語、そしてフランス語やイタリア語なども習得して、マルチリンガルとして世界中の人たちと交流することが目標です。そのために、もっともっと英語力をブラッシュアップするつもりです。受講期間が終わっても音声をダウンロードすることができるので、今度はアルクの学習アプリ「ALCO(アルコ)」を使って2回目の学習に入ろうと思います。

来年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会では、ボランティアに応募しました。今は選考結果を待っているところですが、もし選ばれたら全力で自分の役割を果たしたいです。訪日客向けに、日本の文化や生活を体験できるようなガイドツアーのアテンドもしてみたい。歌手としては、全編英語の作詞もしてみたいですし……英語との付き合いは、これからもずっと続きそうです!


取材・文: いしもとあやこ
写真: 横関一浩

関連記事

  1. 訪日観光の今 進化する訪日観光、その時通訳ガイドは?
  2. ヒアリングマラソン 発音が良くなったと褒められ、TOEICのリスニングパートで485…
  3. 湖水地方 【英語の先生向け】夏休み海外研修レポート:イギリス(6)
  4. 訪日外国人への接客で行っていること1位は 訪日外国人への接客で行っていること1位は、「カタコト英語」と「ジ…
  5. Silvana Richardson 【英語の先生向け】日本人教師の役割とは?
  6. ラグビーワールドカップ ボランティア 「ラグビーワールドカップ2019™日本大会ボランティア」 募集受…
  7. もう一度英語 ビジネス Chance 就職内定を機に、ビジネス英語に初挑戦。今では英文メールも難なく書…
  8. おもてなしの心得 ビジネスパーソンも知っておきたい、おもてなしの心得<後編: 欠か…
PAGE TOP