スマホだけでも学習できるのが魅力。耳が英語に慣れました

もう一度英語 ビジネス Plus

この先、仕事で英語を使う機会が増すことを見据えて、通信講座「もう一度英語 ビジネス Plus」で準備を進めるKさん(会社員)。学習中のエピソードを聞きました。


初級レベルでビジネス英語が学べる教材を探していました

――この教材を選んだ理由を教えてください。

食品メーカーで研究開発の仕事をしています。海外の部署と協力して商品を開発することもあり、先輩たちの中には英語で電話をしたり、海外出張に行ったりする方も多いです。私は今のところ英文メールのやりとりくらいですが、いずれは英語でミーティングなどをする必要もあるかもしれないので、その時に備えて英語を話したり聞いたりする力を付けようと考えました。

「もう一度英語 ビジネス Plus」に決めたのは、会社から補助が出る通信講座の一つだったことが大きいです。また、学生時代に学んだ英語を使ってビジネス関連の内容に触れられるのもポイントでした。

英語は学校で学んだ程度です。大学は理系の学部で、授業は必修科目のみ。大学院では英語の論文を読んだり書いたりはしましたが、内容は生物化学や医学関係が中心です。英語を話す、聞くといった練習はほとんどしたことがないので、基本的なところから英語の直接的なコミュニケーションを学びたいと思いました。

もう一度英語 ビジネス Plus

自分のペースで勉強できるので最後まで続けられた

――どんなスタイルで学習を進めていきましたか?

平日は帰宅してから学習することが多かったです。夕食を食べて、お風呂に入った後ですね。机に向かってテキストを開き、1日分のユニットに取り組みました。音声はスマホに入れたアプリ「ALCO(アルコ)」で聞きました。

週末を利用して東京の実家に帰る時にも、音声を聞いていました。片道2時間半ぐらいです。スマホに教材をダウンロードすれば、自宅でも実家でも移動中でも、どこでも勉強できるのがとても便利ですね。

仕事が忙しくて勉強できない日もありましたが、翌日に2日分やったり、土曜日にまとめて終わらせたりしました。2週間、3週間と遅れると意欲が失せてしまいそうなので、1週間でスケジュールを調整するようにしていました。

英会話スクールに毎週通うのと違って、通信講座は自分のペースで学習できるのも続けやすいポイントだと思います。

――教材については、どんな感想をお持ちですか。

「ちょうどよい程度の難しさ」がよかったです。1日に学ぶ量も適切で、仕事が終わってからでも、大きな負荷を感じずに取り組むことができました。内容は仕事で使う会話表現が中心ですが、日常で使えるフレーズもたくさん紹介されていて面白かったです。海外旅行をする時などに使ってみたいですね。

副教材の「Plus ノート」にあった音声を書き取る「ディクテーショントレーニング」が、とてもためになりました。ALCOの再生速度が調整できる機能を使って、始めは速度を遅くして英語を書き取り、正解を確認した後に通常のスピードで聞きました。

もう一度英語 ビジネス Plus

英文テキストを読む前に何と言っているのか集中して聞くことで、先入観なく英語を聞けました。この単語の発音はこうなのか!といったことが、しっかり頭に刻まれたように思います。

英語に対して前向きな気持ちに。今後も学習を続けたい

――学習効果を感じることはありますか?

受講前後に試験を受けていないので客観的な成果は分かりませんが、以前に比べて耳が英語にかなり慣れた感じがします。

洋楽をよく聞くのですが、歌詞が前より理解できるようになりました。またお風呂でテイラー・スイフトなどの歌を歌う時も、以前よりちゃんとした発音で歌えている気がします(笑)。英語の敷居が低くなりましたね。

学習を継続していけば、もっと話したり聞いたりできるようになると思います。今は教材の復習をしていますが、もう少し力が付いたらリアルなコミュニケーションの練習や、オンライン英会話にも挑戦したいですね。そして海外と仕事するチャンスがあれば、チャレンジしたい。近々、海外旅行に行くので、まずはその時に英語で話してみます。


取材・文: 原 智子

関連記事

  1. British Music 【英語の先生向け】夏休み海外研修レポート:イギリス(5)
  2. 高橋みどりさん 【英語の先生向け】夏休み海外研修レポート:イギリス(7・最終回)…
  3. おもてなし英語 接客担当の8割は英語力に自信がないが、6割は積極的に話しかけたい…
  4. Develop your professional skills 【英語の先生向け】各国の英語教師が集まる、夏休み海外研修
  5. オーストラリア・パース体験留学プログラム オーストラリアの小学校で学校生活を体験【留学レポート】
  6. アルク 営業本部 第二営業リーダー 池田 宏(右)、アルク 事業運営本部 TOEIC、R&B研修コーストレーナー 斎藤美祈(左) TOEICスコアと実践力を同時に伸ばすには?――会社が社員に求め…
  7. アルク語学教育研究支援制度 転換期の語学教育。アルク、継続学習を促す研究を後押し
  8. 小泉清裕先生 2020年度から小学5、6年生で英語が教科に。今、日本の英語教育…
PAGE TOP