スマホをフル活用して、ビジネス英語を習得。会議で発言できるように!

もう一度英語 ビジネス Basic

スマホのアプリをフル活用して「もう一度英語 ビジネス Basic」に取り組み、仕事に必要な英語力を身に付けたHさん(会社員)。会議で発言できるようになり、書類作成、外国人スタッフとのコミュニケーションにも英語が役立っているそうです。


いつでもどこでもスマホ学習できる

――通信講座「もう一度英語 ビジネス Basic」を受講した経緯をお聞かせください。

旅行会社に勤務しています。数年前、グローバルビジネスを扱う部署に異動となり、部署内の外国人社員とのコミュニケーション、書類作成や会議など、日々の業務に英語が必要となりました。

それまで英語は海外ツアーの添乗で時々使う程度でした。それも経験の中で身に付けていったブロークンイングリッシュです。学生時代から英語や海外への関心はありましたが、英語はしっかり勉強していなかったので、中学レベルから急きょ学び直す必要がありました。

この講座を選んだ一番の理由は、アプリ「ALCO(アルコ)」をインストールするだけで、いつでもどこでもスマホで勉強できることです。仕事をしていると、英語学習のためだけの時間を毎日取るのは難しい。隙間時間を活用して取り組める教材を探していました。また、分かりやすい内容でビジネス英語の基本が学べて、会社の補助があるのも魅力でした。

――どのように学習を進めましたか。

平日は帰宅後のバスタイムを主な学習時間にしました。スマホとBluetoothのスピーカーをつなげて、湯舟につかりながら教材の音声を聞いたり、シャドーイングなど声に出したりする練習をしました。入浴中はリラックスしているので、英語が頭に入ってきやすかったですね。エコーがきいて、自分の発音も少しよく聞こえました(笑)。

休日には趣味のランニングをしながら、スマホを活用しました。毎回10~15キロ走っていたので、1時間~1時間半ぐらいでしょうか。音声を聞き、何度もリピートしました。休憩時のクールダウンでは、テキストブック電子版の解説を読んだり、よく聞き取れなかったところを確認したりしました。ALCOの音声再生スピードが変えられる機能も便利ですね。難しい時は少し遅くして、聞き取れるようになったら普通の速度に戻して聞きました。

もう一度英語 ビジネス Basic

好きなことに英語をプラスすると無理なく続けられる

――モチベーション維持に工夫されたことはありますか?

好きなことに英語学習を加えることで、「勉強しなくてはいけない」というストレスが軽くなり、モチベーションを保てたのではないかと思います。入浴やランニングなど自分にとって楽しい時間に、もれなく英語学習がついてくる。無理なく自然に英語と向き合えました。私の場合、学習のための時間をわざわざ作ったら、かえって敷居が高くなり続かなかったかもしれません。

――教材の気に入った点を教えてください。

会話表現を学びつつ、それに関連する文法などの解説が読めるのがよかったですね。経験からなんとなく言えていたような表現も、文法的な意味を確認でき、改めて腹に落ちました。また実際に職場で使える英語表現がたくさん載っていたのもよかったです。一つフレーズを覚えたら、すぐに使ってみるようにしていました。外国人メンバーとのランチにも積極的に行って、覚えたての表現を使ってみる。彼らも「英語、頑張ってるね」と好意的でした(笑)。

私は隙間時間を使ってアプリをフル活用しましたが、机に向かってテキストを開き、じっくり学習したい人はそれも可能です。その人の生活、学習スタイルに合った方法で学習できるのが、この教材の一番の魅力だと思います。

会議で発言できるように!

――学習の効果を感じることはありましたか?

会議で話されている内容をかなり把握できるようになりました。リスニングの練習をしっかりした効果だと思います。また、あらかじめメモを作って準備したことで、会議で発言できるようにもなりました。受講中は少しハードルを上げてオンライン英会話にもチャレンジしたのですが、半年で40回ほどレッスンを受けて、以前より話せるようになったと思います。

仕事では昨年末に営業系の部署に戻ったため、英語を使う機会はなくなりましたが、海外ツアーを添乗することがあれば、また英語を使いたいですね。


取材・文: 原 智子

関連記事

  1. 早川幸治さん 社員の英語力アップのために人事担当者ができること【セミナーレポー…
  2. 池田宏一さん リマインドメールがゆるい縛りになり、TOEIC640点を突破でき…
  3. 吉田先生 国内屈指の高校生英語弁論大会「ジョン・ニッセル杯」──上智大学の…
  4. 異文化交流 日本を訪れた旅行者と交流しよう! ――コミュニケーションのはじめ…
  5. インバウンド 日本の地方は宝の山: 通訳の現場に見る、インバウンドの今
  6. 平野琢也所長 これからの英語教育を考えるーー「アルク教育ソリューションEXPO…
  7. 中学英語の定着 中学英語「定着」の現状――英語の定着は、時間のかかるプロセス
  8. Lesson 【英語の先生向け】夏休み海外研修レポート:イギリス(3)
PAGE TOP