外国人ゲストを迎える際の注意点 ~相手の興味に寄り添ったおもてなしを~

おもてなし

自治体や企業で外国人ゲストを招く際に気をつけるといい点、おもてなしのポイントを『英語でニッポン案内ハンドブック』を監修した島崎秀定さん(全国通訳案内士)が解説します。


過去最高を記録した訪日外国人

2018年の訪日外国人数は、過去最高の3119万人となりました。観光地はもちろんのこと、街角でも外国人をよく見掛けるようになりました。私は全国通訳案内士として仕事柄多くの外国人と接していますが、この記事をお読みいただいている方も外国人と接したり、道を聞かれたりする機会は増えているのではないでしょうか。

また、自治体が海外の姉妹都市、日本企業が外国の取引先企業などから、関係者を招く機会も増えています。今回は、そんな事例を見ながら注意点を探っていきたいと思います。

本当の「おもてなし」って?

外国人を受け入れる際、「おもてなし」という言葉がよく使われています。一言でいうと「相手に喜んでもらいたい」という気持ちを持ち、それを行為として表すことだと思います。このとき、気をつけたいのは「一方通行にならないようにすること」です。

例えば、招待した外国人を受け入れる際によく行われる歓迎セレモニーでは、地元の名士や企業の役員が代わる代わるあいさつをします。土地の歴史や、自社の説明など、長々とスピーチをするのですが、正直なところあまり興味深い話でないことが多く、主役である外国人が退屈そうに聞いていることもあります。通訳を挟むと時間も2倍かかります。早めに彼らを解放してあげたいのですが、そうもいきません。私自身が、その通訳をしているのですから(笑)。

もちろん受け入れ側の皆さんの一生懸命さ、立派な歓迎式典を開いた熱意は伝わっていますので、意味がないとは言いません。ただ、一番大切なのは、「相手が楽しんでくれること」ではないでしょうか。「おもてなし」とは、相手の興味に寄り添うことだと思います。

そこで、次のような進め方はいかがでしょうか。スピーチは短めにして、例えば「日本(この町)の印象は?」「日本でやりたいことは?」といったインタビュー形式で進行するのです。招待された外国人は、自分の意見を聞かれることで参加意識が高まるし、参加している日本人にも興味深い内容になるでしょう。それに何より、ゲストの興味や希望を引き出すことができるのです。

観光で楽しんでもらおう

セレモニーが終わり、観光案内をすることになった際に注意すべきポイントを挙げます。

1. 歴史、文化、現代日本をバランスよく組み合わせる
行き先を決める際は、神社仏閣(歴史や文化)、繁華街(現代日本)などを組み合わせるとよいでしょう。そうすれば、過去から現代に至る日本の全体像をつかんでもらえる機会になります。必ずしも有名な観光地に案内する必要はありません。むしろ住宅街にたたずむ静かな神社仏閣の方が、より人々の生活に密着した宗教を感じてもらえることでしょう。また、相手に関心のある分野を聞いて、追加してあげられたら素晴らしいですね。

2. 一般的な情報を説明しよう
例えば神社に案内する場合、その神社の歴史や特徴といった固有の情報を説明する前に、まず日本にどんな宗教があるのか、神道と仏教の違いなど一般的な情報を説明することが大切です。いきなり「この神社は○○年に建設され、○○大神をお祭りしています」と言っても、相手は理解できないでしょう。

3. 目的地に行く途中で見えるもの
観光地に案内する場合、目的地の説明だけを準備する人が多いのではないでしょうか。でも実際の案内では、外国人は到着するまでに目にするさまざまな物にも興味を示します。自動販売機、点字ブロック、音響装置が付いた信号機、パチンコ店――。いろいろあるでしょう。

ぜひ一度、外国人目線で町を歩いてみてください。そこには普段見慣れているからこそ見逃している、さまざまな発見があるはずです。そんな発見をしたら、英語で説明できるように準備してみましょう。

満足度の高いおもてなしにするために

日本に来てくれた外国人が、良い思い出を持って帰国する。すると、それが口コミで広がり、さらなる訪日客を呼び寄せることにつながるでしょう。そんな好循環を実現するためにも、常に相手の興味に寄り添った受け入れを心掛けられるといいですね。


文: 島崎秀定 (全国通訳案内士)
イラスト: つぼいひろき

関連記事

  1. インバウンド 日本の地方は宝の山: 通訳の現場に見る、インバウンドの今
  2. オックスコンサルティングの高橋佑輔さん、福岡拓実さん 新規参入が相次ぐ宿泊ビジネス最新動向――増え続ける訪日外国人を迎…
  3. 医療通訳者の養成 医療現場で求められる医療通訳者の養成
  4. 外国人観光客が困っていること 外国人観光客は、こんなことに困っています――旅行者フレンドリーな…
  5. 羽田エアポートエンタープライズ 羽田エアポートエンタープライズが全スタッフに実施する英会話研修【…
  6. 山内弘隆氏 これからの観光ビジネスをリードする人材育成に着手した、一橋大学
  7. 北区 コミュニケーションボードを作成 産学官で取り組む、北区のインバウンド対応とは
  8. ゆかたで銀ぶら 外国人旅行者が「一番期待する訪問先」「満足した訪問先」1位の街、…
PAGE TOP