スマホ学習でリスニング&スピーキング力アップ。英語が話せる人と思われるように

イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced

英語の話せる日本語教師を目指して、学習に励む今田貴子さん。「イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced(アドバンス)」を繰り返し学び、着実に力を付けています。


仕事に忙しい会社員に向いている教材だと思います

――さまざまな教材がある中、なぜ通信講座で学習することにしたのですか。

会社勤めをしていた頃、業務の一つが社員の研修担当でした。アルクの通信講座を勧める立場でしたが、そのうち社員にハッパを掛けるなら、自分が率先して学習しなくてはいけないのではと思い始め、「イングリッシュ・クイックマスター 英会話 basic」の受講を決めました。学習してみると私には少し簡単だったので、続けて本講座を申し込みました。

通信講座は自分の好きな時に勉強できるのがいいですね。時間を取ってどこかに通う必要がないので、仕事に忙しい会社員には向いているのではないでしょうか。

――どんなふうに学習しましたか?

実は教材を最後までやったのですが、消化しきれていないように感じたので、現在2回目を学習中です。テキストと音声をスマートフォンにダウンロードできるアプリ「ALCO(アルコ)」を活用して、実際の会話に役立ちそうだと思ったものから順番に取り組んだり、Unit 1から10の重要表現を集中してリピートしたりと、いろいろな形で教材を使い込んでいます。

イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advancedノートには学習プランと勉強した日付、内容、回数などを記入。定期的に見直して、軌道修正もしている

アプリが便利で、スマホ学習がはかどりました

――会社員時代の学習スタイルを教えてください。

ALCOを使って、通勤電車の中で学習しました。通勤時間は片道1時間半ほどでしたが、行きは始発電車に座れるので、時間を有効に使えました。昼休みや帰宅後にも取り組んで、周囲に人がいるときはリスニング、家では主にスピーキング練習をしました。

ALCOには2秒から30秒まで音声を戻せる機能があるので、聞き逃した箇所もすぐに聞き直すことができて、ストレスになりません。受講期間が終わってもアプリは使えるので、今もベッドサイドにスマホを置いて、就寝前に音声を聞いています。

スマホは2台使いで、どちらもALCOを入れているのですが、アルクの講座はスマホ学習できるのが便利です。家でもどこでも手軽に勉強できますし、隙間時間も有効活用できるところが魅力ですね。一度、使い方が分からなくなって、学習相談室にメールで問い合わせたのですが、とても丁寧な回答をいただきました。おかげで今もこのアプリをフルに使えています。

イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced

話すテンポが英語らしくなり、すごく話せる人だと思われるように

――これまでに、どのような学習効果を実感されましたか?

2つあって、1つはリスニング力が向上したことです。「自分の口で言えないものは聞き取れない」という記事を前に読みましたが、実際にテキストの表現を何回もリピートしたりシャドーイングしたりしているうちに、ニュースでトランプ大統領の英語を聞き取れていたことに気付きました。

もう1つの成果は、何度も英語を繰り返し口にしたことで、話すテンポが英語らしくなったことです。私はまだまだ短いフレーズを口にする程度ですが、それでも私の英語を聞いた周囲の人は、私のことをすごく英語が話せる人だと思うみたいです。最近、通い始めた英会話学校のクラス分けテストでは、中級と言われました。以前、通っていたときは初級と中級の間だったので、成長したのだと思います。

――これからの夢や目標を教えてください。

定年退職後の人生のセカンドステージの取り組みとして、日本語教師養成校に通いながら、週1回、地域の国際交流協会でボランティアをしています。将来は海外で教えることも視野に入れているので、コミュニケーションツールとして英語は必要です。目標に向けて、大学のオープン講座で英会話を習っています。海外留学もしたいですね。

「ビジョンを持って、目標を設定し、計画を立てて、それを実践する」ことが大事だと思い、語学学習もそのパターンで取り組んでいます。今のビジョンは、2020年までに日常英会話を何とかものにして、かつ、日本語教師の検定試験に合格することです。こうしたビジョンを持つことが、モチベーション維持にもつながっていると思います。英語の話せる日本語教師を目指してがんばります。


取材・文: 大塚智美
写真: アルクplus 編集部

関連記事

  1. コイノニア 英語教師 Naoのケニア授業日誌: 第1回 僕がケニアに行くこと…
  2. コイノニア 英語教師 Naoのケニア授業日誌: 第4回「伝えたい」という気持…
  3. コイノニア 英語教師 Naoのケニア授業日誌: 第3回 ルールに従うことより…
  4. ザ・リッツ・カールトン東京 宿泊部 エクゼクティブ クラブラウンジ マネージャー 香取良和さん 海外からのお客さまが増える今、ザ・リッツ・カールトン東京が大切に…
  5. 渡邊浩行さん 講義の動画で英語力習得に最短のやり方が学べました
  6. 外国人観光客が困っていること 外国人観光客は、こんなことに困っています――旅行者フレンドリーな…
  7. 中学英語の定着 中学英語「定着」の現状――英語の定着は、時間のかかるプロセス
  8. 1000時間ヒアリングマラソン 早朝学習で英語リスニング力をアップ!【講座体験レポート】
PAGE TOP