訪日外国人は何にお金を使う? 観光庁が2018年の調査速報を発表

観光庁は、2018年の「訪日外国人消費動向調査」について、結果速報を発表した。
2010年4月に開始したこの調査は2012年以降、毎年、対前年増を継続している。


国籍・地域別の訪日外国人旅行消費額

2018年の訪日外国人旅行消費額は、これまでの調査で過去最高の4兆5,064億円を記録した。国籍・地域別に見ると中国が1兆5,370億円と最も高く、2位の韓国の約2.63倍。韓国と僅差で台湾が3位、4位が香港とアジア近郊諸国が上位67.5%を占め、5位がアメリカであった。

費目別の訪日外国人旅行消費額

訪日外国人旅行消費額と費目別の構成比
買物代が最も多く34.7%、次いで宿泊費が29.3%、飲食費 21.7%の順。
前年に比べ、買物代の構成比は減少、宿泊費と飲食費の構成比はそれぞれ1%以上上昇した。

国籍・地域別の費目別、訪日外国人旅行消費額
国籍・地域別でみると、総額と全ての項目(宿泊費、飲食費、交通費、娯楽等サービス費、買物代、その他)で、中国が1位。特に買物代は全体の51.1%を超える。

訪日外国人1人当たりの旅行支出

国籍・地域別の訪日外国人1人当たり費目別旅行支出
1人当たりの旅行での費目別支出の平均は、15万3千円。国別ではオーストラリアが1位で、娯楽等サービス費での支出が特に大きい。次いで、スペイン、イタリアと続く。イタリアは、前年比+17%で最大の伸び率であった。買物代は、1人当たりの消費額も含めて中国が2位のベトナムの1.2倍と、断トツの1位となった。

宿泊や飲食にお金をかける英国、オーストラリア、スペイン。買物にお金をかける中国、東南アジアの国々など、この調査結果を見れば、それぞれの分野でのターゲットが設定しやすくなるだろう。


文・構成: アルクplus 編集部
画像: 国土交通省 観光庁

関連記事

  1. 訪日外国人への接客で行っていること1位は 訪日外国人への接客で行っていること1位は、「カタコト英語」と「ジ…
  2. ZEN English 外国人観光客に人気の英語坐禅クラスを体験
  3. 接客英語 おもてなし英語力を測る「英語応対能力検定」――2月21日まで申し…
  4. 杉並区 中央線を軸に、街場から盛り上がる杉並区のインバウンド施策
  5. オックスコンサルティングの高橋佑輔さん、福岡拓実さん 新規参入が相次ぐ宿泊ビジネス最新動向――増え続ける訪日外国人を迎…
  6. 広域の観光情報提供が、訪日客を地方に分散させる鍵 広域の観光情報提供が、訪日客を地方に分散させる鍵
  7. 医療通訳講座 医療通訳者を目指す方のための講座、4月に開講【申し込み受付中】
  8. Everyone Is Welcome 世界一の観光大国アメリカを支えるのは、民間のコミュニケーション力…
PAGE TOP