訪日外国人は何にお金を使う? 観光庁が2018年の調査速報を発表

観光庁は、2018年の「訪日外国人消費動向調査」について、結果速報を発表した。
2010年4月に開始したこの調査は2012年以降、毎年、対前年増を継続している。


国籍・地域別の訪日外国人旅行消費額

2018年の訪日外国人旅行消費額は、これまでの調査で過去最高の4兆5,064億円を記録した。国籍・地域別に見ると中国が1兆5,370億円と最も高く、2位の韓国の約2.63倍。韓国と僅差で台湾が3位、4位が香港とアジア近郊諸国が上位67.5%を占め、5位がアメリカであった。

費目別の訪日外国人旅行消費額

訪日外国人旅行消費額と費目別の構成比
買物代が最も多く34.7%、次いで宿泊費が29.3%、飲食費 21.7%の順。
前年に比べ、買物代の構成比は減少、宿泊費と飲食費の構成比はそれぞれ1%以上上昇した。

国籍・地域別の費目別、訪日外国人旅行消費額
国籍・地域別でみると、総額と全ての項目(宿泊費、飲食費、交通費、娯楽等サービス費、買物代、その他)で、中国が1位。特に買物代は全体の51.1%を超える。

訪日外国人1人当たりの旅行支出

国籍・地域別の訪日外国人1人当たり費目別旅行支出
1人当たりの旅行での費目別支出の平均は、15万3千円。国別ではオーストラリアが1位で、娯楽等サービス費での支出が特に大きい。次いで、スペイン、イタリアと続く。イタリアは、前年比+17%で最大の伸び率であった。買物代は、1人当たりの消費額も含めて中国が2位のベトナムの1.2倍と、断トツの1位となった。

宿泊や飲食にお金をかける英国、オーストラリア、スペイン。買物にお金をかける中国、東南アジアの国々など、この調査結果を見れば、それぞれの分野でのターゲットが設定しやすくなるだろう。


文・構成: アルクplus 編集部
画像: 国土交通省 観光庁

関連記事

  1. 鹿鳴家英楽 外国人観光客と一緒に英語落語を聞いて、笑おう!
  2. ハラール認証を取得している飲食店のメニュー 観光都市、台東区のインバウンド戦略は「食のダイバーシティ」
  3. トム・メイーズさん 中外製薬株式会社、社員の英語力向上を目指して「英語キャンペーン」…
  4. 2つの冊子 旅行者と受け入れ側、双方の理解を促す、港区流インバウンド事例紹介…
  5. 映画『男はつらいよ』でおなじみの帝釈天題経寺と参道 葛飾区には、外国人観光客が注目する観光資源がどっさり
  6. 英語力を武器に活躍するビジネスパーソンが答えた、効果的な英語力の…
  7. 港区ワールドカーニバルのステージでは、各国の民族音楽や踊りなどが披露される 訪日外国人おもてなしのヒントがいっぱい。無料イベント「港区ワール…
  8. 異文化交流 日本を訪れた旅行者と交流しよう! ――コミュニケーションのはじめ…
PAGE TOP