講義の動画で英語力習得に最短のやり方が学べました

渡邊浩行さん

英語力を証明する資格が欲しくて、TOEICにチャレンジした渡邊浩行さん(会社員)。講義動画付きの「TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コース」を受講した体験をお聞きします。


英語力とマッチしたコース選びが目標達成へのステップに

――600点と700点コースを受講した後に、500点を申し込まれたのですね。

自分の力を証明するような資格が欲しいと思い、1年半ほど前から職場の福利厚生を利用して、アルクの講座で学習し始めました。会社が費用の8割を出してくれるのも魅力でした。当時はTOEICがどういう試験なのかよく知らず、早く高スコアを取ろうと600点、700点コースを選んだんです。TOEICは語彙も難しいですし、問題量も多く、解いていくスピードも必要。いきなり高スコアを目指しましたが、自分の英語力とはマッチしていなくて、修了はしたものの思うように力は付きませんでした。

そこで着実に勉強するのが一番だと思って、500点コースを受講することにしたのです。40代になって自分の力を客観的に証明できる資格を早く持ちたいという焦りから、ちょっと空回りしてしまった気がします。

――これまでの英語との関わりをお聞かせください。

学校で普通に英語を学んだ程度です。洋楽が好きだったので、英語はそこそこ好きでした。大学卒業後、ゲストハウスの管理人をしたことがあるんです。外国の方と接する必要があり、ブロークンな英語でとにかく話していました。その時にもう少し内容のあることを話せるようになりたいなと思いましたね。

その後、日本語教師の勉強をしたり、中国からの研修生を受け入れる仕事を手伝ったり、中国に2年間留学したりと、20代から30代始めはいろいろなことをしたのですが、語学への関心は昔から割と高かった気がします。

渡邊浩行さん「継続は力なり」という言葉を胸に学習しているという渡邉さん

講義の動画があるから、正しい方法で練習できた

――500点コースをやってみていかがでしたか?

前に受講した2つのコースに比べ、語彙は易しくなりついていきやすかったです。毎日シャドーイングなどの練習があるので、やり方は講座に付いていた講義の動画を見て、先生が説明する通りにやりました。「こういう学習法があるんだ」と初めて知りましたが、とてもためになりました。以前は自己流で、単語を毎日ひたすら書いていたんですが、思ったほど身に付きませんでした。学生時代「書いて覚えろ」と教わりましたが、書くだけが能ではないですね。

英語は音声を聞き、実際に口に出す練習をして、体で覚えていくことが大切なんだと500点コースを受講して実感しました。

――学習はどのように進めましたか。

毎日仕事の休憩時間にテキストに取り組みました。帰宅してから寝る前にアルクのアプリ「ALCO(アルコ)」を使って、スマホで講義や学習法についての動画を見たり、教材の音声を聞いたりしました。ALCOはちょっとした空き時間にも学習できて便利ですね。さらにはテストも提出できるので、郵送する必要がなくて助かりました。

この講座は、学習内容がとても研究されていて、かつ勉強を継続するための環境が整えられていると思います。

TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コース教材の設定スケジュールに沿って学習を進めた

焦らず着実に英語力を伸ばしていきたい

――受講中や修了後に、TOEICの試験は受けましたか?

実はまだ、一度も受けたことがないんです。模擬テストをやってみると全然時間が足りないので、まだ受けられるレベルにないのではと怯んでしまいまして……。でも、試験を受けて今の正確な英語力を知ることが大切だと思うので、近々申し込みます。

――頑張ってください。最後に、今後の目標を教えてください。

英語にもう少し親しみたい、楽しみたいと思い、アルクの オンライン英会話レッスン を始めました。実際に話すことで「ああ、こう言うのか!」という発見があります。

さらに、改めて600点コースに申し込みました。今後は自身の英語レベルに合わせて、着実に力を付けていきたいです。焦りは禁物ですね。

今の業務に英語は直接は関係しませんが、英語力を付けることでこの先、会社に貢献できることがあればと思います。将来、英語や中国語を仕事に生かせたらいいですね。


取材・文: 原 智子
写真: 横関一浩

関連記事

  1. アルク総研 高校生275人を3年間追跡調査して分かった、英語スピーキング力向…
  2. 「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座、受講してみませんか…
  3. もう一度英語 ビジネス Basic スマホをフル活用して、ビジネス英語を習得。会議で発言できるように…
  4. otai-kentei おもてなし英語力を測る「英語応対能力検定」――8月23日まで申し…
  5. 平野琢也所長 これからの英語教育を考えるーー「アルク教育ソリューションEXPO…
  6. イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced スマホ学習でリスニング&スピーキング力アップ。英語が話…
  7. アルク語学教育研究支援制度 転換期の語学教育。アルク、継続学習を促す研究を後押し
  8. 上智大学 藤田 保先生 CLIL(クリル)って何? 上智大学の藤田 保先生に聞きました
PAGE TOP