医療現場で求められる医療通訳者の養成

医療通訳者の養成

自動翻訳機器が進化しても、対応できないことがあります。人間の医療通訳者にしかできない役割とは? 国際医療福祉大学医学部の押味貴之さんに教えていただきます。


医療現場で求められる医療通訳者とは?

外国人観光客や在留外国人の増加を受けて、国内の医療機関で医療通訳者への需要が高まっている。しかし各医療機関が医療通訳者の知識と技術をニュートラルに評価することは難しく、第三者による客観的な医療通訳者の能力の担保が求められている。

この状況を打破するべく、国際臨床医学会が医療通訳者認定委員会を設置して、医療通訳者の知識と技術を客観的に担保する認証制度の設立を進めている。この制度のたたき台となっているのが、厚生労働省が旗振り役となって作成された「医療通訳育成カリキュラム基準」だ。これは医療現場で専門職者として機能する医療通訳者を育成するためのカリキュラム実施要項で、既に全国の各医療通訳派遣団体や教育機関がこれを指針とした医療通訳養成を実施している。

私が科目責任者を務めている国際医療福祉大学大学院の医療通訳・国際医療マネジメント分野もこのカリキュラム実施要項に基づいて運営されているが、ここでは医療現場で求められる医療通訳者を養成するために、「通訳技術」と「人間の医療通訳者にしかできない役割」を重視した通訳実技演習を行なっている。

通訳技術を重視したトレーニング

通訳技術の向上を重視する海外の医療通訳養成と比較して、日本のそれは医療通訳の倫理規定や臨床医学といった知識の獲得を重視する傾向にある。しかし、医療通訳も通訳の一種であることを考えると、通訳技術の向上は海外と同様に重視されるべきである。

私の通訳実技演習では、毎回テーマとなる疾患を「症状」「兆候」「検査」「治療」に沿って調べ、自分の表現で説明することが予習として求められる。演習が始まると、まず予習に使った教材を他の参加者と共有する。こうすることで通訳者として大切な事前準備の能力が高められる。

次に予習内容を互いに説明し、それらを逐次通訳していく。こうしてテーマとなる症状についての知識を一通り確認した後に、医療現場を再現した映像教材を使った本格的なロールプレイに移る。ここでは実際の医療現場で使われるさまざまな表現を学ぶだけでなく、電話通訳などの遠隔通訳特有のセッションマネジメントの実践的な通訳技術も体験を通して身に付けていく。重視するのは文字情報ではなく音声情報だ。医療通訳者にとって最も重要な役割は「原文に忠実で正確な通訳をすること」であり、これは音声情報をしっかりと理解、保持することによって可能となるからだ。

人間の医療通訳者にしかできない役割の習得

近年は自動翻訳機器の発達が目覚ましい。これらは近い将来、「原文に忠実で正確な通訳をすること」という医療通訳者の役割を完璧に代替できるようになるであろう。しかし、医療通訳者にはこれ以外にも「通訳した内容が正しく理解されたかを確認すること」と「文化の違いを確認して相互理解のきっかけを作ること」という役割も求められる。

英語で「通訳」を意味する interpreting は「解釈する」というイメージの言葉だ。従ってそこから派生する 「通訳者」の interpreter には、「対話する二者の間に入り、それぞれの発話を解釈して相互理解を補助すること」が求められるのだ。

人工知能が発達してそれが人格を持つことができる日までは、「通訳した内容が正しく理解されたかを確認すること」と「文化の違いを確認して相互理解のきっかけを作ること」という役割は自動翻訳機器には代用ができない。そして医療通訳者がその役割を習得するためには、医療現場で起こりうる状況と同じものを可能な限り数多く体験し、そこでの行動の是非を学習仲間との議論を通して身に付けていくのが最良だと考えている。

祝祭空間としての学び場

医療現場で求められる医療通訳者になるためには、大変な努力が必要だ。インターネット上で知識の習得が容易になった現在、教育機関には「その時間、その仲間と、その場所でしか体験できないもの」を提供することが求められる。過去の「お祭り」をアーカイブで体験することにほとんど価値がないのと同様に、教育機関も祝祭空間のように「他者の通訳を見て学ぶ」「自分では思いつかなかった学習方法と出合う」「一人では乗り越えられない壁を仲間と共に克服する喜びを知る」といったことを経験させる場になるべきであると考えている。

医師と同じく、医療通訳者も「仲間と先輩の背中を見て育つ」ことが大切だ。一人でも多く医療現場で求められる医療通訳者を育てるために、そんな祝祭空間としての学び場をこれからも提供していきたいと思っている。


文: 押味貴之(英語医療通訳者・医師)
イラスト: つぼいひろき

関連記事

  1. トム・メイーズさん 中外製薬株式会社、社員の英語力向上を目指して「英語キャンペーン」…
  2. 「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座、受講してみませんか…
  3. コイノニア 英語教師 Naoのケニア授業日誌: 第5回“I still sa…
  4. アルク留学センター 留学をその先の未来へ――3つの短期留学プログラムに挑戦した高校生…
  5. Creativity in Classroom 【英語の先生向け】夏休み海外研修レポート:イギリス(1)
  6. 計画運休 ちょっとしたお手伝いで「情報難民」は避けられる
  7. Studyinnewzealand グローバルに活躍したい高校生10名をこの夏、NZ体験留学に無料招…
  8. 冨田三穂先生 スピーキング力アップに欠かせない、「英語スピーキング脳」のつくり…
PAGE TOP