留学をその先の未来へ――3つの短期留学プログラムに挑戦した高校生の体験をご紹介

アルク留学センター

オーストラリア留学時のホストシスター(左)と坂井菜緒さん

近年、高校生の留学が身近になってきていますが、そもそも留学したら何ができるのか、また、生徒たちの未来に、どのような影響を与えるのでしょうか。中学3年生の夏休み以降、3度にわたり短期留学プログラムに参加した坂井菜緒さんの体験をご紹介します。


さまざまな形の短期留学

坂井菜緒さんが参加したのは、大きく分けて二種類のプログラム。一つは語学学校が主催する寮滞在型のプログラム。イギリスで非英語圏から集まった生徒と共に、午前は英語の授業、午後はスポーツやアートなどのアクティビティに参加しました。もう一つは現地校体験プログラム。オーストラリア、ニュージーランドでホームステイをしながら、同年代のネイティブの生徒と一緒に授業を受けることで、彼らと交流しながら現地の文化や慣習を経験できるのが最大の特徴です。

これらの留学を経験した坂井さんは、プログラムによる違いをどのように受け止め、どんな成長を遂げたのでしょうか。

坂井さんが参加したプログラム
留学プログラム

自分の殻に閉じこもらないことの大切さ

イギリスのプログラムについて、坂井さんは次のように話してくれました。

「ヨーロッパ圏の参加者が多く国籍のバランスが良いため、たくさんの国の友達をつくるチャンスがありました。寮は大部屋で、日本人とイタリア人でシェアをしました。ただ、英語を使って彼らと交流するチャンスが多くあったにもかかわらず、私はどうしても自分から積極的に話し掛ける勇気が持てず、近くにいる日本人と行動してしまったことに悔いが残りました。日本人だけで固まらず、自分から積極的に話し掛ける努力が必要でした」。

その後に体験した現地校では、どうだったのでしょう。

「同年代を含めたネイティブと交流できる機会が多い分、精神的なタフさが求められるように思います。私自身、イギリスから帰国後は現地校体験に向けて英語学習に取り組み、ある程度自信を付けて臨んだものの、オーストラリア到着初日に感じたのは、彼らの話す英語が速過ぎて聞き取れない、知っているはずの話題ですらうなずくのに精いっぱいという状態でした。既に出来上がっているグループに加わる難しさもあり、それまで持っていた自分の英語力に対する自信は見事に打ち砕かれてしまいました」。

なぜこのようなことが起こったのでしょうか。それは二つのプログラムの違いが原因だと考えられます。非英語圏の留学生が英語を学ぶために参加するプログラムでは、留学生同士がお互いを理解しようと協力し合い、先生方も話すスピードを留学生に合わせて調整してくれるのが一般的です。一方、現地校体験プログラムで交流するのは、英語がネイティブの生徒ばかり。こちらが留学生であるということを留意せず、通常のスピードで会話が進められることも珍しくありません。

そんな状況を打破するため、坂井さんは「このままでは帰れない、頑張らなきゃ!」と自分を奮い立たせます。

「私が心掛けたのは、自分の殻に閉じこもらないことです。クラスメートがよく分からない話で盛り上がっていても、そこにとどまって耳を傾けることで少しずつ話が聞き取れるようになりました。ホームステイ先ではたとえ一人になりたい時でも、着替えとシャワーの時間以外はあえてリビングかダイニングにいて、ホストと積極的に会話をするようにしました」。

小さな成功を努力への原動力に変えて、根気強く交流を続けた結果、次のニュージーランドの現地校体験では、自分から積極的にネイティブに話し掛けられるようになりました。また授業によっては単語の意味さえ分かれば、ある程度内容も理解できるところまで成長することができました。

アルク留学センターイギリス留学中にできたドイツ人の友達とは今も交流が続いており
2018年夏に日本で再会を果たした

たくさんの気付きをくれた短期留学

1、2週間の留学では短過ぎて行く意味がない。そういった声を耳にすることがあります。しかし坂井さんは「短期留学でのさまざまな人との交流を通じ、英語力はもちろん、体力的・精神的にも強くなれました。英語力以上に大切なのは、積極性とそれを乗り越えてみせるという強い気持ちです」とうれしそうに語ります。さらに、自身が短期留学で得た気付きに関しても教えてくれました。

「留学先、特にオーストラリアでは日本文化の人気が高く、アニメや漫画をはじめとする日本文化についてたくさんの質問を受けましたが、それらにきちんと答えられない自分がいました。留学先の国については到着後にいくらでも現地の人たちから情報を得られます。まずは日本人として日本文化を理解すること、そしてそれを英語で表現できるよう練習しておくことの大切さに気が付きました」。

また、さまざまな留学体験を経て、人との関わり方にも変化があったそうです。

「留学先で出会った人たちは自分と他人を比較せず、いろいろな意見を受け入れ、尊重してくれました。そういった姿勢は、帰国後自分が先輩・後輩問わず誰かと話をするときに役立っています」。

留学先で出会った人たちとは、SNSを通じて今も交流が続いているそうです。互いの将来の話をすることもあり、坂井さんはアメリカかイギリスの大学進学を目指して、情報収集中。短期留学では成し得なかった新たな挑戦に向かって歩みを進めています。

いざ留学を思い立ったときにまず検討すべきは、どんなプログラムにどのくらいの期間参加するかということ。期間は長ければ長い方が良いということではなく、日本の学校の留学に関する方針と予算を検討しながら、自分に合ったプログラムや期間を選択するのが大切です。

2019年夏休みの短期留学の募集を開始しています。
プログラムや資料請求は、こちらをご覧ください

アルク留学センター
Tel: 03-3556-1325 (月~土 10:00~18:00)
E-mail: jr-study@alc.co.jp
https://tanki-ryugaku.alc.co.jp/


取材・文: アルク留学センター
写真提供: 坂井菜緒


本記事は、『英語の先生応援マガジン』2018年冬号に掲載した「留学をその先の未来へ」からの転載です。

“本気の英語の先生”をアルクが応援する、登録制(会員制)ウェブサイト「英語の先生応援サイト(LTAF: Learning Teachers’ and Advisors’ Forum)」もぜひご覧ください。

関連記事

  1. トビタテ!留学JAPAN 留学をその先の未来へ――ニュージーランドへ留学した高校生の体験を…
  2. アルクブース インバウンド需要拡大で、初の言語支援EXPOが開催 ― アルクも…
  3. ショーワ 7カ月でTOEICスコア平均99.7点アップを果たした、ショーワ…
  4. アルクのおもてなし アルク、「外国語支援サービス」専門EXPOに出展
  5. インバウンド 日本の地方は宝の山: 通訳の現場に見る、インバウンドの今
  6. 1000時間ヒアリングマラソン 早朝学習で英語リスニング力をアップ!【講座体験レポート】
  7. 東急コミュニティー 社員の英語力育成に週2時間の研修を実施。脱落者ゼロ、結果を出した…
  8. アルク翻訳本テスト2018 翻訳に挑戦! 「アルク翻訳コンテスト2018」
PAGE TOP