ビジネスパーソンの約40%が英語での手助け・ボランティアに興味あり。積極的に活動した人は10%未満

英語ボランティア

TOEIC® Programを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会 (IIBC)は、20代から50代のビジネスパーソン500名を対象に「英語を使ったボランティア活動」について調査を実施。ボランティア活動の経験と英語力の関係についても探った。

英語を使ったボランティア活動に関する調査
対象: 20代~50代のビジネスパーソン(会社経営者、正社員、公務員、団体社員) 500名
エリア: 東京都、政令指定都市
方法: インターネットでのアンケート調査
期間: 2018年11月5日~11月7日


40%近くが英語を使った手助け・ボランティア活動に「興味あり」

英語ボランティア

英語を使った手助け・ボランティア活動に興味があるかを聞いた質問には、回答者の14%が「興味がある」、23.6%が「やや興味がある」と答え、全体の37.6%がポジティブな結果に。

具体的な内容について、複数選択の形で尋ねると、多い順に「道案内や駅での乗換案内(130人)」「外国人旅行者に同行の観光ガイド(67人)」「旅行アドバイザー(47人)」。

英語でのボランティア経験がある人は10%未満

英語で手助けやボランティア活動をしたことがあるかを聞くと、道案内や乗換案内は42%が経験ありと回答。観光地でのガイドサポートや旅行案内といった、より積極的な活動をしたのは全体のわずか9.8%だった。

英語ボランティア

「英語を使ったボランティア活動をしたことがある」と回答した49人に、実際の活動内容を質問 (複数選択)。神社や寺など、外国人旅行者に同行する「観光ガイド」が29人、駅や空港などで訪日外国人におすすめの観光スポットを紹介する「旅行アドバイザー」が19人、着物などの着付けを手伝う「文化体験サポート」が14人と、観光地の案内や日本文化を伝える活動が目立った。

英語ボランティア

「ボランティア活動を通してよかったと思うこと、得たもの」について、半数以上の26人が「英語を話す機会ができた」と回答。続いて22人が「仲間ができた」、21人が社会貢献や人の役に立てたといった「達成感」を選択した。

ボランティア活動の経験と英語力の関係

英語を使ったボランティア活動の経験がない451人に理由を尋ねると、63%が「英語力に自信がない/不安だから」と回答。「ボランティア活動をする時間や機会がない」「タイミング・時期が合わない」という答えも見られた。

TOEIC® Listening & Reading Testで730点以上を取得した人の75%が「英語を使った道案内や乗換案内」をしたことがあるが、ボランティア活動になるとほぼ逆転して、経験がある人は30%だった。

英語ボランティア

今回のアンケート回答者全体で見ると、TOEIC® Listening & Reading Testで730点以上のスコア取得者が、より英語を使った手助け、ボランティア活動を経験していることが分かった。道案内や駅での乗換案内といった手助け、観光地でのガイドサポート、旅行案内などのボランティア活動への参加は、自身の英語力が関係している可能性が高いといえる。


参照:「英語を使ったボランティア活動」に関する調査結果 プレスリリース(国際ビジネスコミュニケーション協会)

関連記事

  1. アルク翻訳本テスト2018 翻訳に挑戦! 「アルク翻訳コンテスト2018」
  2. 冨田三穂先生 スピーキング力アップに欠かせない、「英語スピーキング脳」のつくり…
  3. ESS(English Speaking Society)同好会の活動 友達を案内する気持ちで、男子中高生が外国人観光客に鎌倉をガイド【…
  4. Develop your professional skills 【英語の先生向け】各国の英語教師が集まる、夏休み海外研修
  5. 上智大学 藤田 保先生 CLIL(クリル)って何? 上智大学の藤田 保先生に聞きました
  6. 東急コミュニティー 社員の英語力育成に週2時間の研修を実施。脱落者ゼロ、結果を出した…
  7. ロフト 訪日観光客にも人気のロフトが進めるインバウンド対策
  8. アルクEDIX 英語学習への動機付けと、4技能評価対応に高い関心 関西初のEDI…
PAGE TOP