翻訳に挑戦! 「アルク翻訳コンテスト2018」

アルク翻訳本テスト2018

アルクのウェブサイト「翻訳・通訳のトビラ」で 「アルク翻訳コンテスト2018」を開催しています。

本コンテストは、翻訳経験の有無にかかわらず、どなたでも応募いただけるのが特徴です。
「出版翻訳部門」「実務翻訳部門」「字幕翻訳部門」の3部門があり、複数部門の応募も可能です(※ただし、1部門につき1人1作品まで)。「出版翻訳部門」「実務翻訳部門」の出題と審査は、プロとして活躍するお二人、文芸翻訳家の金原瑞人先生と実務翻訳者の佐藤エミリー綾子先生が行い、「字幕翻訳部門」は、映像翻訳者養成学校である、日本映像翻訳アカデミーが担当します。

■応募締切: 2018年10月31日(水)
■審査結果発表: 2019年2月18日(月)に「翻訳・通訳のトビラ」上にて
■参加費: 無料
■出題分野:「出版翻訳部門」「実務翻訳部門」「字幕翻訳部門」の3部門
■賞・賞金:
・大賞(各部門1名、計3名)賞金各3万円
・佳作(各部門2名、計6名)賞金各1万円
■実施概要
○出版翻訳部門
出題・審査: 金原瑞人先生(文芸翻訳家)
課題作品:『The 13 Clocks』(James Thurber)
応募・詳細はこちら>>
○実務翻訳部門
出題・審査: 佐藤エミリー綾子先生(実務翻訳者/ISSインスティテュート講師)
課題作品:『The Importance of Building Codes in Earthquake-Prone Communities』(FEMA、IBC)
応募・詳細はこちら>>
○字幕翻訳部門
出題・審査: 日本映像翻訳アカデミー
課題作品:『Kings(原題)』
応募・詳細はこちら>>

【協力】アイ・エス・エス・インスティテュート/日本映像翻訳アカデミー

オンライン上から簡単に参加できますので、力試ししてみてはいかがでしょうか。
翻訳に興味がある、新しいことに挑戦したい、日頃の英語学習の成果を試してみたいという方など、多くの方からのご応募をお待ちしています。

最後に、「翻訳・通訳のトビラ」を担当している佐藤からメッセージです。

アルク「翻訳・通訳のトビラ」担当「アルク翻訳コンテスト」は、応募資格を問わないコンテストです。そう言うと、プロの翻訳者の方が毎回トップで受賞しているのではないかと思われる方がいるかもしれません。意外にそうではなく、一般の方が受賞をされているケースのほうがむしろ多いように思います。プロではないあなたにもチャンスはあります。ぜひ、チャレンジしてみてください。
「出版翻訳部門」は、翻訳した本が500冊を超える文芸翻訳家・金原瑞人先生の出題、「実務翻訳部門」は、『プロが教える技術翻訳のスキル』の共著者としても知られる佐藤エミリー綾子先生の出題、「字幕翻訳部門」は、プロの映像翻訳者を多数輩出している日本映像翻訳アカデミーが出題します。ご応募お待ちしております。

関連記事

  1. 人材育成の新潮流: レンタル移籍がもたらす成長効果【前編】
  2. 英語教師にも日本語の知識は必須です ~『なぜ、英語では「虹は出な…
  3. NAFL 高校での日本語支援を機に検定受験を決意。将来は介護の日本語も教え…
  4. PWE 英語でビジネスを行うための必須スキル、eメールと電話対応力を身に…
  5. 高橋みどりさん 【英語の先生向け】夏休み海外研修レポート:イギリス(7・最終回)…
  6. 日本の平均スコアは517点。IIBCが、世界のTOEIC(R) …
  7. 外国人観光客が困っていること 外国人観光客は、こんなことに困っています――旅行者フレンドリーな…
  8. 冨田三穂先生 スピーキング力アップに欠かせない、「英語スピーキング脳」のつくり…
PAGE TOP