英語スピーキング力向上に影響する学習時間、学習内容とは──275人の高校生を3年間追跡調査

アルク教育総合研究所は、「英語スピーキング力が伸びる学習」についての調査レポートを2018年7月31日に発表しました。同一生徒275人のスピーキング力を高1から高3にかけて追跡調査。学習実態を問うアンケートや英語教師への授業実態アンケートも実施し、その結果と掛け合わせてスピーキング力の変化に影響する要因を分析・報告したのが「日本の高校生の英語スピーキング能力実態調査 Ⅲ-高校3年間で高校生の英語力はどのように変化したか-」です。調査結果を元に、スピーキング力向上に効果的な学習時間や学習内容をご紹介します。

<調査対象>
調査協力校3校に通う高校3年生、275人
(※スピーキングテストとアンケートの双方で有効な結果が得られ、かつ調査協力への同意が得られた人数)

<調査方法>
TSST(Telephone Standard Speaking Test)による英語スピーキング能力測定
・アンケートによる学習実態調査

<調査結果>
【学習時間】

調査協力校各校で、スピーキング力が1レベルアップした生徒と、レベルに変化のなかった生徒を比較すると、どの学校においても、1レベルアップした生徒は変化のなかった生徒よりも、週あたりの英語学習時間の平均が長かった。

1レベルアップした生徒の学習時間の平均は、最も短いA高校で約7時間、最も長いB高校では約14時間であったことから、高校1年次から1レベルアップさせるためには、高校3年次で少なくとも週に7時間の学習が必要で、週に14時間以上学習すると、その可能性がさらに高まることが分かった。

【学習内容】

高校3年次の英語学習時間の合計が週に14時間未満でも、学習内容を以下の①~③のように工夫することで、スピーキング力向上につなげられる可能性がある。

① 「英語を声に出す学習」、「英文を作って話す・書く学習」、「単語・文法学習」といったスピーキング力向上に寄与するさまざまな学習を、それぞれ少なくとも週に30分以上学習する

高校3年間で、1レベルアップした生徒が最も多かったB高校では、「会話」や「書く」など英文を作って発信する学習(上の表に見られるように、B高校では授業中、英文を作って発信する学習を、長い時間実施している生徒の割合が他校より高い)や、発信の基礎となる「単語」「文法」の学習時間が週に30分以上の生徒の割合が、他校に比べて20ポイント以上高かった。

さらに1レベルアップした生徒に限って言えば、「音読」「発音練習」など既存の英文を声に出す活動の時間を30分以上した生徒の割合が、変化なしの生徒に比べて20ポイント以上高かった。

② ①の実施が難しい場合、「既存の英文を声に出す学習」「英文を作って発信する(話す・書く)学習」「単語・文法学習」などスピーキング力向上に寄与するさまざまな学習を、それぞれ週に10分以上行った上で、「音読」については少なくとも週に30分以上取り組むことでも効果が見込める

③ ①の実施が難しい場合、「文法」を週に30分以上学習した上で、英文を「(自分で組み立てて)書く」学習については少なくとも週に30分以上取り組むことでも効果が見込める

【その他】
調査結果からは、英語(学習)に対して前向きであること、大学入試で英語が必要であること、英語圏へ滞在・留学した経験があることは、スピーキング力向上に良い影響があるかもしれないが、必須条件ではないと思われる。

【まとめ・考察】
高校生が、高校1年からの3年間で英語スピーキング力をアップさせるには、「高校3年次の時点で、授業中や自宅などで少なくとも週7時間以上の英語学習が必要」で、さらに「単語・文法学習から英文を作って発信する活動までさまざまな学習を、それぞれ週に30分以上実施することが望ましい」ことが分かりました。一つの学習に偏ることなく、一定の時間学習すれば、特別なことをしなくてもスピーキング力向上が可能、と言えるでしょう。

▼詳しい内容はこちらからご覧いただけます▼

高校生の英語スピーキング力を高1から高3まで3年間追跡調査。「英語スピーキング力が伸びる学習」を、275名のデータを元に分析-『アルク英語教育実態レポートVol.11』7月31日発表 (プレスリリース)

アルク英語教育実態レポートVol.11 (アルク調査レポート)


文・構成:アルクplus 編集部

関連記事

  1. アルクEDIX 英語学習への動機付けと、4技能評価対応に高い関心 関西初のEDI…
  2. 社員の英語力を上げる研修とは? 実践練習付き、英語自己学習法セミ…
  3. 訪日外国人への接客で行っていること1位は 訪日外国人への接客で行っていること1位は、「カタコト英語」と「ジ…
  4. 平野琢也所長 これからの英語教育を考えるーー「アルク教育ソリューションEXPO…
  5. イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced(アドバンス) テキストの会話は、生活の中で実際にありそうなものばかり。「私もい…
  6. 大学のグローバル化 情報交換セミナー 「新しい時代の英語教育を、共に考える。」大学のグローバル化 情報…
  7. 次の学習行動を促すための評価法について【アルク語学教育研究支援制…
  8. アルク総研 高校生275人を3年間追跡調査して分かった、英語スピーキング力向…
PAGE TOP