「ラグビーワールドカップ2019™日本大会ボランティア」 募集受付は7月18日(水)11:59 AMまで

ラグビーワールドカップ ボランティア

世界三大スポーツイベントの一つと言われる「ラグビーワールドカップ」。1987年以来、4年ごとに開催され、ラグビーナショナルチームの世界一を決定する大舞台である。第9回となる2019年は、日本の12都市で開催され、アジアで初となる歴史的な大会となる。

大会の成功に欠かせない存在がボランティア。公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、日本や開催都市の顔として、国内外から観戦に訪れる方々を温かいホスピタリティで迎え、わが国の魅力とラグビーの価値を伝える存在として活躍してくれるボランティアを募集している。

■ボランティアプログラム名称:
ラグビーワールドカップ2019™日本大会公式ボランティアプログラム「NO-SIDE」

■募集人数:
全国12開催都市 合計約10,000人RWC開催地■募集期間:
2018年4月23日(月)12:00AMから7月18日(水)11:59AMまで

■応募要件:
・2019年3月31日時点で満18歳に達している方
※未成年の方は、保護者同意書の提出が必要
・日本語で読み書き・日常会話が可能な方
・1日あたり最長8時間の活動に参加できる方
・インタビュー(面接)および研修に参加できること
・ラグビーワールドカップ2019™公式ボランティアプログラムの趣旨に賛同した方

■選考方法:
開催都市でインタビュー(面接)を実施
※応募状況により、インタビュー前に抽選を行う可能性あり

■主な活動内容:
・試合会場周辺における運営補助
・最寄り駅や空港における案内
・ファンゾーンにおける来場者サービス
・大会ゲスト対応
・ワークフォースセンター(大会運営スタッフ休憩所)の運営 などRWCーVolunteer-Map

■試合日程:
プール戦・決勝トーナメントの計48試合RWC日程

■申し込みから大会本番までのスケジュール(予定)
・面接日時調整: 2018年7月下旬~
・面接: 2018年8月~12月
・面接結果通知: 2019年1月頃
・研修: 2019年1月以降
・配置決定: 2019年夏頃

■問い合わせ先:
電話番号: 03-4405-6225
メールアドレス: info_vot@japanrugby2019.or.jp
(受付時間:土日祝日を除く10:00~18:00)

 

大会運営に参加することで、他では得られない「一生に一度の体験」となる。
学んできた語学を生かして、ボランティアに参加してみてはいかがだろう。

▼詳細はこちらから▼
ラグビーワールドカップ2019日本大会ボランティア


文・構成: アルクplus 編集部
画像元: ラグビーワールドカップ2019日本大会ボランティア

関連記事

  1. 事業運営本部 プログラムトレーナー 北島典子(左)アルク教育総合研究所 平野琢也所長(右) TOEIC高スコアなのに英語が話せない?TOEICとスピーキング…
  2. 北区 コミュニケーションボードを作成 産学官で取り組む、北区のインバウンド対応とは
  3. 外国人観光客が困っていること 外国人観光客は、こんなことに困っています――旅行者フレンドリーな…
  4. 港区ワールドカーニバルのステージでは、各国の民族音楽や踊りなどが披露される 訪日外国人おもてなしのヒントがいっぱい。無料イベント「港区ワール…
  5. ハラール認証を取得している飲食店のメニュー 観光都市、台東区のインバウンド戦略は「食のダイバーシティ」
  6. ザ・リッツ・カールトン東京 宿泊部 エクゼクティブ クラブラウンジ マネージャー 香取良和さん 海外からのお客さまが増える今、ザ・リッツ・カールトン東京が大切に…
  7. 訪日外国人への接客で行っていること1位は 訪日外国人への接客で行っていること1位は、「カタコト英語」と「ジ…
  8. インバウンド活性 訪日客が喜び、街の活性化につながる取り組みって?
PAGE TOP