地方のインバウンド活性に寄与する小型クルーズ船

小回り利いてベリー便利♪

クルーズ船で日本を旅する外国人の数が2017年、過去最高を記録。以前は、あまり旅行者が訪れなかった地域も脚光を浴びるようになりました。全国通訳案内士の島崎秀定さんが、この背景を解説します。


増加する訪日クルーズ旅客数

2017年の訪日外国人は2,869万人(前年比19%増)でした。この中で年々、存在感を増しているのがクルーズ客です。2015年に初めて100万人を超えたと思っていたら、2017年には253万人(前年比27%増)と訪日外国人の1割近くを占めるまでになりました。

クルーズ船というと、豪華大型船をイメージされる方が多いと思います。現在世界最大の船は約22万トン、乗客定員は約5,400人で、まるで巨大ホテルが海に浮かんでいるようです。

では、外国のクルーズ船が日本のどこに寄港しているかというと、必ずしも大都市ではありません。2017年の外国船社のクルーズ船が寄港する港湾の上位5位には、意外なことに関東も関西も入っていないのです。

★外国船社が運航するクルーズ船の寄港回数 ベスト5★

1位 博多
2位 長崎
3位 那覇
4位 石垣、平良(沖縄)
2017年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数(国土交通省)

日本各地に寄港する小型クルーズ船

一方、ここ数年静かに増えているのが、小型クルーズ船です。1万トン以下の船も多く、乗客数も100~200人程度とこぢんまりしています。

上記の寄港地ベスト5には小型船も含まれますが、大型船が日本で2、3カ所しか停泊しないのに対し、小型船は10日ほどかけて10カ所程度を訪れます。場所は上記ベスト5に加えて、金沢、境港(鳥取県)、萩、屋久島、門司(福岡県)、宇和島、松山、宇野(岡山県)、高松、神戸など。

小型船で旅をする人のほとんどは飛行機で来日し、空港で出入国手続きを済ませるので、入国管理施設のある大きな港に寄る必要がありません。また、大型船の寄港できないサイズの港にも寄港できます。これは実はインバウンドにとって画期的なことなのです。

脚光を浴びる地方都市

外国人の団体旅行で利用する交通機関は、これまでは貸し切りバスが主流でした(一部列車も利用)。バス旅行だと上記の場所は行きづらく、団体が訪れることはほとんどありません。ところが、海からだと容易にアクセスできるのです。そして小型船が寄港することによって、今までインバウンドの波に取り残されていた地域が、急に脚光を浴びるようになりました。また、あまりに混雑しているメジャーな観光地に辟易(へきえき)としていた外国人は、静かな町並みを散策して日本らしいのどかな風景を見ることができたと喜びます。

観光客が喜ぶ、地元の歓迎イベント

外国船の乗客に日本の寄港地の印象を聞くと、多くの人が「港で歓迎セレモニーを開いてくれるのがうれしい」と言います。例えば、踊り(日本舞踊や郷土舞踊、幼稚園児のお遊戯もあります)や楽器演奏(太鼓、三味線、ブラスバンド)、旗振り、巨大な紙を使った習字のデモンストレーションといった出し物だったり、名前を毛筆で書く、着物の着付けや折紙教室、地元の料理を振る舞う試食サービスを行ったりすることもあります。

地方の港や自治体にとっては、今後も旅行者に来てほしいという思いを込めたセレモニーですが、外国人にすると港にいるだけで日本文化を体験できるのが非常にうれしく、つまりは双方にとって良い状況になっているのです。

観光の地方への分散化へ

幸い日本は海に囲まれた国です。まだまだ外国人があまり訪れていない魅力的な地方がたくさんあります。今までは交通が不便で誘致を諦めていた地方都市も、小型クルーズ船が寄港することによって、外国人が来るようになるものと思います。年配の方(クルーズ客の多くは高齢者です)もSNSを利用する時代。外国人が来ると、その場所に関する情報が世界中に発信されます。それを見た人が魅力を感じれば、たとえ不便でも行ってみたくなるでしょう。

国も外国人観光客の地方分散をうたっていますが、小型クルーズ船がその起爆剤になるのかもしれません。


文: 島崎秀定(全国通訳案内士)
イラスト: つぼいひろき

関連記事

  1. 聖路加国際病院 外国人が安心して受診できる医療現場を目指して――聖路加国際病院の…
  2. ESS同好会活動 男子中高生が外国人観光客に鎌倉を案内! 活動実践記
  3. 交流会では、留学生と小学生が各国に伝わる遊びを楽しんだ 大学に求められる地域貢献――特色を生かした語学教育支援に取り組む…
  4. ANAの志岐代表取締役 副社長、Airbnb Japanの田邉代表取締役、Peach Aviationの井上代表取締役CEO Airbnb JapanとANA、Peach Aviationの…
  5. ゼロから始める Global Support Program 外国籍社員と効果的に協働する 異文化コミュニケーション術【デモレ…
  6. Everyone Is Welcome 世界一の観光大国アメリカを支えるのは、民間のコミュニケーション力…
  7. 「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座、受講してみませんか…
  8. 訪日観光の今 進化する訪日観光、その時通訳ガイドは?
PAGE TOP