英語教師にも日本語の知識は必須です ~『なぜ、英語では「虹は出ない」のか?』著者 松本隆先生インタビュー【後編】

30年前、英語教師から日本語教師に転身した松本隆先生が、日本語から学ぶ英文法の本(『なぜ、英語では「虹は出ない」のか?―日本語と英語の対比から読み解く英文法』)を上梓しました。日本語と英語の違い、英語教師が日本語を学び直す意義などについて、…

英語教師にも日本語の知識は必須です ~『なぜ、英語では「虹は出ない」のか?』著者 松本隆先生インタビュー【前編】

ARテクノロジーを使った新しい「おうち英語」を楽しんでもらいたい! ~書籍編集からデジタルサービス開発へ

学習意欲を継続・伸長させることを視野に入れたインタラクション活動について【アルク語学教育研究支援制度 審査員対談(3)】

次の学習行動を促すための評価法について【アルク語学教育研究支援制度 審査員対談(2)】

ICTを利用した継続学習を促す教材とは【アルク語学教育研究支援制度 審査員対談(1)】

グローバル人材育成への大学と企業の取り組み

通信講座で着実に英語力UPする方法

通信講座で着実に英語力UPする方法【第1回 学習計画の上手な立て方】

アルクの「ESAC(R)認定 英語学習アドバイザー・マスター資格」を持つ佐々木富恵(左)と阿部真由美通信講座を受講して英語力が上がる人は、どんな学習をしているのでしょう。アルクが行ったアンケートから明らかになった傾向、そして着実に英…

アルク総研

高校生の英語スピーキング力の育成と評価を考える【講演レポート】

NAFL日本語教師養成プログラム

日本語教師を目指して通信講座で学び、検定試験に合格した人の「勝ちパターン」<前編>

中学英語の定着

「中学英語」で大学入試は乗り切れる?――高校英語授業の目指すべき形

アルク総研

高校生275人を3年間追跡調査して分かった、英語スピーキング力向上の秘訣

北区 コミュニケーションボードを作成

産学官で取り組む、北区のインバウンド対応とは

赤羽をはじめとする、活気に満ちた飲食店街や大規模な商業施設を抱える東京都北区。今回の「東京23区のインバウンド事例」は、外国人観光客と店員の意思疎通を支援する「コミュニケーションボード」を、東洋大学と連携して作成した北区の地域振興部産業振興…

中野ブロードウェイ

外国人も引きつける「サブカルの聖地」、中野ブロードウェイ…

杉並区

中央線を軸に、街場から盛り上がる杉並区のインバウンド施策…

2つの冊子

旅行者と受け入れ側、双方の理解を促す、港区流インバウンド…

ハラール認証を取得している飲食店のメニュー

観光都市、台東区のインバウンド戦略は「食のダイバーシティ…

アルクplusとは

日本人と世界の人々を言葉とコミュニケーションの力でつなげたい――。アルクplusは、グローバルビジネス、外国語教育、多文化共生、訪日外国人(インバウンド)対応について、国内外での事例や、新たな視点で人と人を結ぶ活動を続ける人たちへのインタビューなどをお届けするWebマガジンです。

お問い合わせ

アルクplusの記事に関するお問い合わせや取材のご依頼などはこちらからお問い合わせください。

アルク広報お問い合わせ

PAGE TOP