Airbnb JapanとANA、Peach Aviationの3社、パートナーシップ契約を締結 C2C型の旅市場のニーズを開拓

Airbnb JapanとANA、Peach Aviationの3社は11月6日に共同記者会見を開き、新しい旅行スタイルの普及と拡大を見据えたマーケティングについて、パートナーシップ契約を締結したことを発表した。


日本の旅を変える、新たなスタイルの提案


「暮らすように旅しよう」というコンセプトのもと、空き部屋を活用したいホストと旅行者をつなぐ宿泊マッチングサイトのAirbnb。多様な利用者のニーズに応えるための新しい旅のスタイルを探すANA。そして、個人が発信する情報から旅のプランを見つけるC2C型(個人間取引)の旅ニーズを探り当てた格安航空会社のPeach Aviation。3社は、“コミュニケーション”をキーワードに、各社のマーケティング力を活用し、新しいユーザー層へ「新しい旅のスタイル」を提案し、国内旅行に対する新たなニーズを喚起していくという。


Peachが今年3月に、写真共有サービスInstagramでインスタグラマー※が旅先の写真を自身のSNSアカウントで投稿するキャンペーンを実施したところ、同じ旅を追体験したい多数の旅行者が航空券を予約。その結果、航空券の販売額が昨年同月対比で2.4倍を達成したという。この経験を契機に、同社は新しい旅の取り組み事例として、C2C型の旅予約サービス「COTABI」を構想し、2018年春にサービスを開始する予定だ。

※影響力のあるユーザー


■Airbnb x ANAの取り組み

・「ANA | Airbnb暮らすように旅しよう♪キャンペーン」特設サイトを開設

・ 特設サイトを経由してAirbnbを予約の上宿泊すると、宿泊代金に応じてANAのマイルが貯まる(ANAマイレージクラブ会員、最大200マイル)。また、Airbnb宿泊の新規予約で使えるAirbnbクーポンがもらえる(1人3,000円、日本国内の利用者のみ)

・ 特設サイトでは、5つのテーマ(「京町屋に泊まろう」「国内リゾート生活」「週末別荘生活」「日本を知ろう!」「農業体験」)にてユニークな宿を紹介する


■Airbnb x Peachの取り組み

・Airbnb × Peach コラボレーションページを開設 。“人から検索”する新しい旅のスタイル。Airbnbの体験から宿泊まで、個人個人が提案する旅行を予約できる

・ Airbnb宿泊の新規予約で使えるAirbnbクーポンがもらえる(1人3,000円、日本国内の利用者のみ)

左から、ANAの志岐代表取締役 副社長、Airbnb Japanの田邉代表取締役、Peach Aviationの井上代表取締役CEO


取材・文:編集部

アルクplus|世界の人とのコミュニケーションが豊かになるWebマガジン

日本人と世界の人々を言葉とコミュニケーションの力でつなげたい――。グローバルビジネス、外国語教育、多文化共生、訪日外国人(インバウンド)対応、地方創生について、国内外での事例や、新たな視点で人と人を結ぶ活動を続ける人たちへのインタビューなどをお届けします。